« 日本の人口のピークは今年? | Main | クウシンサイで水をきれいに−で、クウシンサイって何? »

2004.08.06

始祖鳥はやっぱり飛べた

始祖鳥は滑空するくらいで飛べないと思っていました。

YomiuriONLINEより「始祖鳥やはり飛べた!?鳥と似た脳の構造判明

 飛んでいたのかどうかで議論が分かれていた最古の鳥「始祖鳥」に飛ぶ能力があったことを、英国自然史博物館などが突き止めた。頭骨化石をエックス線CT(コンピューター断層撮影法)で撮影し、脳などの構造を再現したところ、バランス感覚や視覚能力が鳥類並みに高いことが明らかになった。5日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

始祖鳥
始祖鳥の化石が発見されたのは1860年(1855年にも発見されてますが確認されたのは最近です)。ドイツのバイエルンの石灰石鉱山で発見されました。鳥と小型恐竜の両方の特徴を持っていたため恐竜と鳥をつなぐ生物といわれていましたが1986年、テキサスで始祖鳥よりも7500万年も古くはるかに鳥に近い特徴をもつプロトエイビスの化石が発掘されてから、始祖鳥は鳥の先祖ではないということになりました。中国でも鳥に近い特徴を備えた「遼寧鳥」「三塔中国鳥」「孔子鳥」などの化石が発掘されています。

最大の問題は始祖鳥の筋肉が鳥に比べて非常に小さいことです。しかし翼は大きく飛べたのか飛べなかったのかは大きな問題となっていました。

 飛行には骨格の特徴と共に、視覚の情報を扱う脳の部分(視葉)が発達することが欠かせない。現在の鳥類は爬虫(はちゅう)類に比べ発達しており、研究チームが調べた始祖鳥の脳でも、この部分が大きかった。体の平衡感覚を担う「三半規管」も鳥類に類似していたことから、研究チームは「始祖鳥は飛べた」と結論づけている。

あれだけ大きな翼を持ちながら「飛べない」というのも少し可哀想だな(笑)と思ってましたが、これで始祖鳥も天国でホッとしてるんでしょうか。飛べるたのに飛べないといわれるのも・・・(笑)。

他の特徴から考えて始祖鳥が鳥に進化したというよりは進化の袋小路にはいった種だというのはゆるがないでしょうがせめて飛べたといってあげたほうが始祖鳥も救われるでしょう。

|

« 日本の人口のピークは今年? | Main | クウシンサイで水をきれいに−で、クウシンサイって何? »

Comments

Fastidious answer back in return of this difficulty with genuine arguments and explaining the whole thing on the topic of that.

Posted by: motorcycle accident lawyers virginia | 2015.06.24 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1130125

Listed below are links to weblogs that reference 始祖鳥はやっぱり飛べた:

» 始祖鳥は実は恐竜だった? [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「始祖鳥、実は恐竜だった? ドイツの化石調査」 始祖鳥が「 [Read More]

Tracked on 2005.12.03 at 01:03 AM

« 日本の人口のピークは今年? | Main | クウシンサイで水をきれいに−で、クウシンサイって何? »