« 安眠誘うナイトミルク | Main | 小用はすわってしよう−男性 »

2004.08.01

理科は役に立たない

Yahoo!NEWSより「「理科は実生活に役立たない」 小6の4割、中3は5割 県教委調べ」(西日本新聞)

 「理科の勉強は実生活では役に立たない」と感じている子どもは小学六年で四割弱、中学三年で五割強に上ることが、福岡県教育委員会の二〇〇三年度学力実態調査で明らかになった。結果を受け、県教委は「日常生活と関連づけて学習することが必要」として八月二十三日から福岡教育大で理科教師を対象とした研修を行う。

文科省も勉強を実用面と関連づけて指導するようにとの改善案を出してますし、各地で勉強への動機付け・興味付けのために勉強内容が日常生活に役立つことを強調しようとしているようです。

調査は昨年11月に中学3年生2800人、今年2月に小学6年生3800人を対象に行われました。

教科ごとに、学習内容が「生活の中で役に立つと感じることがあるか」と尋ねたところ、理科は「ない」「どちらかといえばない」との回答が小六で38・9%。算数(12・8%)、国語(22・9%)、社会(29・8%)を大きく上回った。さらに、同じ質問を中三にしたところ、理科は53・2%が否定的な答えで、国語(33・5%)、英語(34・3%)など主要五教科で最も高かった。

しかし小6レベルの理科で実際に日常生活の役に立つことがあるんでしょうか。基礎知識として教養を深めることにはなれども実際の日常生活に役立つとは思えませんが。

これは中3レベルでも指導要領にしたがっているかぎりかわらないでしょう。生物や地学関係の知識は日常で追体験することはできますがそれが何かの役に立つとは・・・。こじつければあるかもしれませんが。
その知識を深めていけばどんどん日常に近づいていくのは確かです。しかし交流の内容をつっこまない電気の知識などすぐにはやくだちませんね。

しかし遺伝子倫理の問題やエネルギーの問題など善悪二元論で片付けられない問題は増えています。そういった方面への判断力をつける方向に進んでいってほしいなとは思います。遺伝子を扱うのは高校生物ですけど。

 一方、理科を「好き」「どちらかといえば好き」と答えたのは小六で72・1%、中三で69・5%と、いずれも全国平均を上回った。

小学生で72%、中学生で70%が好き。理科離れがさけばれる中ホッとさせられる数字ですね。

|

« 安眠誘うナイトミルク | Main | 小用はすわってしよう−男性 »

Comments

なんか数学の2次方程式の話を思い出してしまいました。
「大多数の人は2次方程式(ax^2+bx+c=0)を社会に出て解いたことがないので、2次方程式、ひいては数学なんてやる意味がない」

個々の事実をピンポイントで捉えて、それで全体を判断してしまうのが一番の問題であるにしても、数学や理科の基本を教えていない(というか、学校教育では、キーとなる思想が骨抜きにされている)のが一方の大きな原因ではないかと思います。

つまり、科学的事実を教えるのではなく、科学的思考(と歴史)を教えるほうがどれだけ重要だということを。
まあ、これを一般の教諭に教えるのは無理かと判断して、だから、大学院卒なのだろうか。でも、大学院卒でも、かならずしもこれが身についているか、ということは問われるべきである。

Posted by: calc | 2004.08.01 at 10:52 PM

重要なのは科学的な思考方法でしょうね。

それをいかにして子どもたちに伝えられるか。相当技量をようするのかな。あまり実用的を強調するのはどうかと思います。

大学院を修了していても教えられるとは限らないでしょうね。

Posted by: Fum | 2004.08.02 at 05:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1095080

Listed below are links to weblogs that reference 理科は役に立たない:

« 安眠誘うナイトミルク | Main | 小用はすわってしよう−男性 »