« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

最速ジェットエンジンはマッハ7−ギネス認定

YomiuriONLINEより「「マッハ7」出したNASAの無人飛行機、ギネス認定

米航空宇宙局(NASA)は30日、今年3月にジェット機としては史上最速のマッハ7(音速の7倍、時速約8000キロ)を達成した無人飛行機X43Aの記録が、様々な世界一を集めたギネス・ワールド・レコーズ(ギネス・ブック)に公式認定されたと発表した。

X43A
ジェット機の最速はマッハ7と認定です。この飛行機でNASAは最終的にマッハ10を目指しています。

試験は2004年の3月27日にカリフォルニア州の沖合640kmの空域で行われました。試験器はB52爆撃機から切り離されラムジェットにより高度3万mまで上昇。その後スクラムジェットを10秒間噴かしてマッハ7をこえる速度を記録しました。

航空機に使われているのはターボジェットやターボファンエンジンで、いずれも圧縮した空気に燃料を噴射し点火する仕組みです。しかし飛行速度がマッハ3以上になるとわざわざコンプレッサーで圧縮しなくても前方からの気流を取り入れるだけで十分に圧縮された空気を得ることができます。この仕組みを利用したのがラムジェットエンジンです。

しかし、このラムジェットもマッハ5以上の速度になると効率が悪くなります。この問題を解決しようと開発が行われているのがスクラム・ジェットエンジンです。次世代の推進エンジンとしても期待されています。

X43Aは全長が3.6m、重量1.2t。無人飛行機で最終的には太平洋にさせられています。

でも、コンコルドも引退したことです。そんなに速くってどうするんでしょう(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2004.08.30

チョコレートで心臓病予防−ただし食べ過ぎに注意

僕はチョコレートが食べられません。甘いものが全般に苦手なんですが。そんなことを言っていると2月14日にチョコレートをくれる人がずいぶん減りました。そんなことを言っているからでしょう。他に理由はないはずです(笑)

CNNより「チョコレートに心臓病の予防効果 学会で発表

色の濃いチョコレートが血管を柔軟にし、心臓病などの予防効果を生んでいるとの研究結果が29日、ミュンヘンで開かれた心臓病学会で発表された。ギリシャの心臓病学者たちが、17人の若者に色の濃いチョコレートを食べさせ超音波測定をした。その結果、少なくとも3時間にわたって、心臓血管を健康な状態に保つのに重要な細胞の機能が向上したことがわかったという。

効いているのはミルクなどの量が少ないチョコレートに含まれるフラボノイドということです。フラボノイドは植物に広く含まれる色素成分の総称で、野菜や果物からも多くのフラボノイドが発見されており、総数は4000種類以上もあります。お茶のカテキンやワインのポリフェノールもこの仲間です。

フラボノイドには動脈硬化を予防する抗酸化作用や抗ガン作用などがあることがいろいろな研究でいわれています。

ミルクなどの量が少ない、色の濃いチョコレートに豊富に含まれるフラボノイドが、心臓血管壁の細胞の劣化を防ぐ酸化防止物質として機能していることが原因だという。

うちの妻にチョコレートを食べるかっこうのいいわけを与えてるみたいですね(笑)。ただし、記事によれば大量のチョコレートの食べて体重が増加した場合は、こうした望ましい効果は帳消しになるだろうとのことです(笑)。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

羊も見慣れた顔でストレス軽減

飼い主が留守にすると妻の実家の犬はとても寂しそうにしてます。でも猫は全然平気です(笑)。

CNNより「見慣れた顔で寂しさ和らぐ ヒツジで実験

ひとりぼっちで寂しい時、家族や友人の写真に慰められたことのある人は多いはず。こうした効果は人間だけでなく、ヒツジでもみられることが、英グループの研究で明らかになった。

ヒツジという選択が微妙ですね(笑)。バブラハム研究所のキース・ケンドリック教授らが40匹のヒツジで実験したそうです。

ヒツジを暗い小屋に隔離し、仲間のヒツジの顔や単純な図形などを見せて反応を観察。ストレスの変化を調べるために、鳴き声をあげる回数や動き回り方、心拍数を記録した。さらに血液を採取し、ストレスの指標となるアドレナリンやコルチゾールといった化学物質の濃度を測定した。その結果、見慣れた仲間の顔を見ると、ヒツジのストレスが弱まるとの結果が出たという。また、ヤギの顔や三角形を見せると興奮状態を示すのに対し、仲間の顔ではこれが鎮まることも明らかになった。

体内にはストレスに関連して分泌が変化するいわゆるストレスホルモンがあります。代表的なものとしては循環器系に作用するアドレナリンやノルアドレナリン、糖代謝に関係するコルチゾールなどがあります。これらを測定することで、どの程度のストレスを感じているかを調べることができます。

羊は臆病者のイメージが強いですが、やはりストレスに敏感なのでしょうか。ちなみに僕は未年生まれの牡羊座です(笑)。

ケンドリック教授は「サルやヒツジに顔を見分ける能力があることはすでに知られているが、ほかの動物でも犬などは似たような能力を持っているとみられ、同様の反応を示すことが予想される」と話している。「ペットが留守中に興奮したり家の中を荒らしたりするような場合、飼い主の写真を残しておけば鎮静効果があるかもしれない」と、同博士は語る。また、幼い子どもが親と離れる時も、写真を持たせておけば寂しさが和らぐ可能性があるという。

家を留守にするときは犬小屋の前に飼い主の写真をつるしておくのも一つのてなんでしょうか(笑)。

でも、幼い子どもは逆に里心を持つようなきがするんですけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.08.29

空飛ぶ車

1886年にドイツのダイムラーとベンツが自動車を作ってから100年以上がすぎました。いよいよ自動車が空を飛ぶ時代がやってくるのでしょうか。

YomiuriONLINEより「「飛ぶクルマ」開発中!ボーイング社が模型公表

米航空大手ボーイング社が、開発を進める「空飛ぶ乗用車」の模型を公表した。同社は交通渋滞の解消や移動の高速化のため、滑空と走行が可能な空陸両用車の実用化を目指しており、AP通信によると同社は、実用化された場合の交通整理(管制)や違反の取り締まり方などについても検討を始めているという。

空飛ぶ車
日本でも岐阜県工業会が中心となって空飛ぶ自動車「ミラクルビーグル(MV)」を開発していたはずですがどうなったんでしょうか。たしか試験飛行まで行ってたような記憶があるんですが。

子どもの頃の未来予想図には必ずチューブの中を走る車や空飛ぶ車が出てましたね。21世紀になったら自分もそんな車に乗ってるはずだったんですけど(笑)

でもこの車、空飛ぶ車というよりは走るヘリコプターといったほうが似合いのようですが(笑)

 車社会の米国では、空飛ぶ車を今世紀の新産業と期待する声があり、ベンチャー企業なども空飛ぶ車の開発に参入している。空飛ぶ車が現実となる日は意外に近いかも知れない。

しかし車が空を飛んでどうするんでしょう。国土が広く車社会のアメリカならではの発想なのかもしれません。少なくとも日本ではかえって邪魔になるような気がしますね。

でも一度は乗ってみたい(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2004.08.28

自ら光るガン細胞

海水浴に行ったときにクラゲにあちこち刺されて困ってしまいましたが、クラゲも役に立ちます(笑)

YomiuriONLINEより「転移がん発見にクラゲの発光遺伝子

 クラゲの発光遺伝子などを組み込んだ無害のウイルスを体内に注入し、特殊な光を当ててがん細胞を光らせる方法を、岡山大学助教授らが設立したベンチャー企業が開発した。

PET(陽電子放射断層撮影)装置が導入されるようになってからガン細胞の発見もずいぶんと簡単になりましたが、PETでも腎臓や膀胱のガンは発見することができません。そこでガン細胞を自ら光らせることでガンを発見する手法が開発されました。

開発したのは岡山大の藤原俊義助教授らが取締役を務める医薬品開発会社「オンコリスバイオファーマ」。

 藤原助教授らは、オワンクラゲの発光遺伝子と、がん細胞が増殖する原因とされる酵素「テロメラーゼ」に着目。無害化したかぜウイルスにクラゲの遺伝子の一部とテロメラーゼの一部を別々に組み込み、がん患部の周辺に注射器などで同時に注入する。テロメラーゼのウイルスはがん本体と転移した部分だけで増殖し、光る性質を持つクラゲのウイルスも同時に増える仕組み。キセノン光を当て特殊なフィルターを通せば、がん細胞が黄緑色に光って見える。

数ミリのガンを光らせることにマウスで成功しているようです。将来的には遺伝子治療が最も有効となるといわれているガン治療ですが、遺伝子治療にまた一つ光が差し込んだようですね。いや自ら発したというほうがいいのかな(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ダイエットもオーダーメードの時代

ダイエットもオーダーメードになるんでしょうか

YmiuriONLINEより「遺伝子調べて最適の減量方法…筑波大グループが開発へ

 遺伝子を調べて、その人に最適の減量方法を提示するオーダーメード減量プログラムの開発に、筑波大学人間総合科学研究科の田中喜代次教授らの研究グループが乗り出した。完成すれば、だれでも無理なく効果的に減量できるようになり、肥満が引き起こす生活習慣病の予防にもつながると期待される。

肥満にどのくらい遺伝子が関与しているかは意見の分かれるところです。肥満の要因の多くは環境要因だという説もありますが、70%は遺伝子が関与しているという説もあります。

肥満に関与しているといわれている遺伝子は40種類ほどありますが、ひとつひとつの働きは大きくなく、関与しているとしても複合的に働いていると考えられています。その中で肥満と密接に関係があるといわれているのはレプチンというホルモンをつくるob遺伝子やベータ3アドレナリン受容体遺伝子などがあります。レプチンは食欲を抑制する作用がありますが、レプチンを分泌できなかったりレプチンを感知できなかったりすると食欲の抑制が効かなくなることがわかっています。

 肥満の原因となる遺伝子は、脂肪代謝にかかわるものなど数十種類あることが知られているが、研究グループでは、この減量効果の個人差と遺伝子の関係を調べ、ある遺伝的要因を持つ人にはどの減量コースが最適かを突き止めていく。また性別や年齢、体脂肪率、閉経なども関連が深いと見て、3年がかりで研究をまとめる計画。

高度の肥満に悩む人にとっては、無理なく減量できるメニューができるのはいいことですね。ただ、まだまだ課題は多そうです。3年後を楽しみに待ちましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩手のタヌキはライオンが怖いのです

その昔、友人が飛び出してきたタヌキをよけそこねて田んぼに車をつっこんだことがありました。あまりの損害の大きさに泣いていました(笑っちゃいけないかな)

YomiuriONLINEより「ふんでライオンの存在感!JR盛岡、動物よけ薬剤開発

 シカやタヌキなど野生動物と列車の衝突事故を減らそうと、JR東日本盛岡支社がライオンのフンを使った動物よけの薬剤開発を岩手大に依頼した。
 水に溶かしたフンを岩手県内の山間部の線路で試験散布したところ、半年にわたって事故ゼロだったのがきっかけ。同支社は「動物保護の観点からも事故はなくしたい」と薬剤完成を期待している。

動物が車や列車にはねられるのは可哀想になります。ぜひとも完成させてほしいものです。

でもなんでライオンのふんなんでしょうか。岩手のシカやタヌキはライオンをご存じなんでしょうか(笑)。誰が思いついたのかとっても気になります。

 試験散布は昨年12月から今年3月にかけ、山あいを縫うJR釜石線で実施。シカやタヌキとの衝突がたびたび起こる約2キロの区間に、水に溶かしたライオンのフンをまいた。その結果、“天敵”の存在をかぎとったのか、6月まで事故が1件もなかった。

岩手のシカやタヌキにとってライオンは「天敵」だったんですね。

最初にこれを行ったのはJR西日本の和歌山支社のようです。なるほど白浜にはアドベンチャーワールドがありますからきっとそこからふんをもらってきたんでしょう(笑)。

 依頼を受けた岩手大農学部の松原和衛助教授は「半年間も効果が続いていることから、シカはにおいではなく、フンに含まれる何らかの成分を忌避しているとも考えられる。その成分をつきとめ、刺激臭の少ない薬剤を開発したい」と話している。

ライオンにかぎらず肉食動物に共通のなにかの成分があり、彼らはそれを避けてるのかもしれませんね。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

酸っぱいものを甘く変える

僕は酸っぱいものは大好きですが甘いものは少し苦手です。はい、大酒飲みといわれます(笑)

毎日新聞より「クルクリゴ:酸っぱいものを甘く…不思議な果物−−名古屋市立大と味の素が共同開発

 酸っぱいものを甘く感じさせる不思議な果物、クルクリゴの成分である、たんぱく質「クルクリン」の構造を解明し、人工的に生産することに、名古屋市立大と味の素などの共同研究グループが初めて成功した。糖尿病患者やダイエットにも適した低カロリーの新しい「甘味料」になりそう。27日付の欧州生化学連合速報誌で発表する。

クルクリンってなんて可愛い名前でしょうか(笑)

クルクリゴはマレーシア原産の果物です。ゴムの木の下に生えるクルクリゴの実にはクルクリンといわれる分子量1万2000のタンパク質が含まれていて、このタンパク質が甘みを感じさせます。

舌の表面には味物質を感じる味蕾があり、ここに味物質が付着する時発生する電気刺激が脳に伝わると「甘い」「酸っぱい」「苦い」などの味覚になります。このクルクリンは散位を感じさせる味蕾に結合し、酸味を甘みに変えてしまいます。

このような物質はほかにも西アジア原産のミラクルフルーツに含まれるミラクリンなどがありますがミラクリンが酸味のみを甘くするのに対しクルクリンは水を飲むだけでも甘みを感じさせます。

同大大学院薬学研究科の加藤晃一教授(構造生物学)らは従来クルクリンを作り出すとされてきた遺伝子を使っても、クルクリンが生産できないことに注目。よく似た別の遺伝子を発見し、二つの遺伝子が作る物質「クルクリン1」「クルクリン2」がペアになることで初めて、酸味を甘く感じる作用が生まれるという複雑な仕組みを解明した。さらに、二つの遺伝子を使い、実際に味覚を変える物質を生産することにも成功した。

この物質を含んだものを食べても、酸っぱいものを甘く感じさせるだけなので肥満や糖尿病のときの甘味料として有効なのではないでしょうか。

 実験中、たまたま手についた液体をなめて物質の合成に成功していることを発見し、論文の筆頭筆者になった大学院生、鈴木麻衣子さん(22)は「まさか成功したとは思っていなかったので、一層甘く感じました」とうれしそう。

でもむやみやたらに実験中に手についた液体をなめるのはやめたほうがいいと思うんですけど(笑)

<参考>名古屋市立大味の素

| | Comments (41) | TrackBack (2)

船の上で風力発電

この前、息子(4歳)とオモチャの帆船をつくって遊びました。適当に作っても走るのが帆船のいいところ。むかし潜水艦を作ったときは見事に沈しましたけど(笑)

Yahoo!NEWSより「日本飛行機、風力発電装置を搭載した車用運搬船を実用化へ

日本飛行機は26日、日本郵船の自動車専用運搬船「アンドロメダリーダー」に舶用直線翼垂直軸風力発電装置(写真、舶用縦型風力発電システム)を搭載し、実用レベルの運用試験を始めたと発表した。発電能力は、1秒当たり風速25メートル時で30キロワット。

風力
海に囲まれた日本では風を使った帆船の技術が進歩していたのかといえばそうでもありません。むしろ帆船に関する技術では遅れていた部類ではないでしょうか。さらに江戸時代の鎖国により日本の航海技術は圧倒的に遅れをとることになります。

しかし、帆船とは別の方法で風の力を利用することができそうです。

船は常に風を切っていますから、この力を発電に利用するという考えは当たり前といえば当たり前。これが初めてというわけでもありませんが、発電能力や船が揺れても連続運転ができるシステムを備え、実用レベルに達したのは初めてのようです。

ただ、この力をハブリッド自動車のように推力に利用するわけではなく艦内の照明などに利用するとのこと。推力に利用するならエネルギー損失の少ない「帆」が一番でしょうね(笑)。

一部、ディーゼル発電機による電力と系統連係する。またプロペラ型風車のように風向に対向させる機構が不要で、風車の騒音も低い。独自の安全制御装置は、日本郵船と共同特許を出願中。

もっと風車の部分を大きくすればいいんじゃないというのは素人考えなんでしょうが、いかした技術の割にあんまり目立ちませんね(笑)

ちなみに日本飛行機のサイトからはよく飛びそうな飛行機のペーパークラフトがダウンロードできます。日曜日にでも息子(4歳)と作って遊びましょう(笑)。

<参考>日本飛行機

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.08.26

小惑星が地球とニアミス

「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」なんて映画がありましたが

毎日新聞より「ニアミス:小惑星が地表から7000キロに接近 3月

 今年3月、地球に接近した直径約8メートルの小惑星が、地表からわずか7000キロのニアミスを起こしていたことが分かった。従来の最接近記録の約4万3000キロを大幅に塗り替え、最も地球に接近した天体となる。国際天文学連合小惑星センター(米マサチューセッツ州)が26日、明らかにした。

7,000kmというと静止衛星の高度が3万6000kmですからこりゃまたずいぶんと近いところです。本当にニアミスといっていいでしょうね。ただ、直径8m位だと大気圏内で燃え尽きてしまうため地表に落下して被害をもたらすほどではないようです。

地球に接近する天体を捜索・監視している米国リンカーン研究所がこの小惑星を3月31日に発見。軌道を計算したところ、同日午後3時半ごろ(世界標準時)、地表から約7000キロの地点を通過したことが分かった。「2004FU162」と命名された。

見つけたときには通り過ぎる途中だったんですね(笑)。

小惑星が地球に衝突する可能性は今後50年間で1000分の1ともいわれていますので、生きているうちに小惑星とご対面する可能性は大変低いとおもいますが(笑)、直径が1kmほどの小惑星が衝突した場合は人類の滅亡も考えられます。

しかし、今までに見つかっているのは数百個にすぎません(この数倍はあるといわれています)。アルマゲドンやディープインパクトが現実になりませんように。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

炭化ケイ素半導体を高品質な結晶をつくる

YomiuriONLIEより「小型で高性能、新半導体の単結晶を豊田中央研が初開発

 小型高性能の炭化ケイ素半導体の基板となる高品質単結晶を、豊田中央研究所(愛知県長久手町)が世界で初めて開発した。
 シリコン半導体は、セ氏150度以上で動かなくなるが、炭化ケイ素半導体は400―500度の高温下でも働き、宇宙船や原子炉の燃料制御用に応用できる。この成果は26日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

炭化ケイ素の結晶がシリコンの結晶に比べ高温に強く、電気的特性の良い材料であることは知られていましたが、高品質な結晶を作るのが難しいというのが現状でした。この高品質な結晶を効率よく作り出す方法が開発されたようです。

炭化ケイ素は非常に堅い物質で熱や酸・アルカリに強く熱伝導率がよいため劣悪な環境下(特に高温や放射線のもと)でも使える半導体として注目を集めていました。シリコン結晶より小型で電力損失も少なくなります。

 同研究所の中村大輔副研究員らは、高温炉内で炭化ケイ素の板上に単結晶を製造する際、結晶のゆがみを減らす3回の工程を重ねて、最大直径約7・5センチの高品質単結晶を作り上げた。欠陥は従来の100分の1から1000分の1に減った。今後の実用化には量産技術の開発や低コスト化が必要という。

RAF成長法というものらしいです。

その特性から原子炉や宇宙などで使うことも考えられていますが、電力損失が少ないのでコストが下がって家電製品に搭載することができれば電気代も安つきそうです。

これが実用化されたらあのトヨタの利益がまた・・・(笑)

<参考>豊田中央研究所

| | Comments (2) | TrackBack (0)

磁石で痛みは消えない

夏場は仕事が忙しいせいか疲れもたまりやすく、肩こりも激しいんですが

YomiuriONLINEより「「磁石」には痛み緩和の効果なし?米大学の研究で判明

体の痛みを緩和する効果があるとされる「磁石」には、医学的な効果が認められないことが、米オクラホマ大の研究でわかった。米医学専門誌「アメリカ苦痛管理ジャーナル」の最新号に発表された。

磁石で痛みを緩和するという効能をうたった商品は無数にあります。ただ、その仕組みついては血行をよくするとか磁気によりエンドルフィンという痛みを和らげる物質の分泌を促すとかいわれるだけで詳しいことは分かっていませんでした。

同大の研究チームは、痛覚信号の抑制効果について確認するため、49人の健康な人に磁石と偽の磁石のいずれかを装着。被験者の体の1点に軽く触れるテストを行い、痛覚神経より敏感な触覚神経に信号の抑制がみられるかどうかを調べた。その結果、磁石による信号の抑制効果は確認できなかった。

ということはブラシーボ効果でしょうか。特に痛覚などの感覚的なものにかんしてはブラシーボ効果が大きいのかもしれません。ただ古代から磁石を健康器具として使用している例もあるようですのでいちがいには言い切れないのかもしれませんが。

同大のデビッド・ギャリソン博士は「偽薬(プラシーボ)でも効いたと思い込むプラシーボ効果ではないか。磁石をつけた腕輪状の健康器具で、腕輪の圧覚が脳に伝わり、結果として手首からの痛みの情報が制限されることも考えられるが、それは磁石の効果とはいえない」と説明している。

しかし、この研究成果がどんどんと後追いされると困る企業も多く出てくるでしょうね。まあ血行を促進するという効果までが否定されたわけではないのが救いかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.25

温暖化でワインが飲めなくなるかも

はっきりいってワインの味は分かりません。1,000円のワインと数万円のワインの区別もつきません(笑)。だから関係ないっていえばそのとおりなんですが、

YomiuriONLINEより「50年後、キャンティ・ワインは別物?…温暖化で変質

イタリアを代表するワインで日本人にもファンが多い「キャンティ・クラシコ」などトスカーナ地方のワインが、地球温暖化の影響で今後50年以内に味や収量が悪化、回復不能な打撃を受ける恐れがあることが、米南オレゴン大などの研究でわかった。

友人に無類のワイン好きがいて夕食には必ずワインを飲んでます。いつもうんちくたれられるんですが僕は全く覚えてません(笑) この友人にとってはショックな話題でしょう。

ちなみにうちの義母はテレビで健康にはワインのポリフェノールだという特集を見て以来毎日ワインを飲んでいましたが、今ではすっかり忘れているようです(笑)

50年後に平均気温が約2度上昇するとみられるトスカーナ地方では、今後、次第に夏季の熱波や乾燥が強まるうえ、断続的な豪雨に見舞われる頻度が増え、キャンティに使用される黒ブドウ品種サンジョベーゼの生育に影響。糖分の含有量や香り、耐病性まで変わり、ワインをつくっても今のキャンティとは別物になってしまうと推定している。

50年後のキャンティの適地は遙か北のドイツに移動するとのことですが、ワインの出来にはこのトスカーナ地方独特の地形も関係しているため同じ品質は再現できないそうです。
他にもシャンパーニュやボルドーの適地も英国南部になるとのこと。

このままいけば将来はワインが高騰するんでしょうか。今のうちに飲んでおきましょうか。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

献血不合格者が急増−女子大で7割不合格も

学生時代に一人暮らしをしていた頃は食事には全く無頓着でした。社会人になってからもあまり変わらなかったのですが(笑)

西日本新聞より「献血不合格者が増加 鉄分不足が原因か 県内の女子大で7割のケースも

 献血を申し込んでも、血液が薄いことを理由に「不合格」になる人が全国的に増えている。福岡県内のある女子大では昨年末、希望した学生の約七割が献血できないケースもあった。鉄分の摂取不足が原因とみられるが、鉄は赤血球中で酸素を運ぶヘモグロビンの材料になるため、深刻な場合は、記憶力や持久力が低下する鉄欠乏性貧血を招く。欠食の増加など食生活の乱れが指摘されており、専門家は「国は新たな『国民病』と考え、栄養指導を徹底すべきだ」としている。

日本赤十字社によれば血液が基準より薄い「比重不足」だった人の割合は2003年で女性が16.5%、男性が0.8%。圧倒的に女性に多く見られます。

血液の比重とは水の重さを1としたときの血液の重さのことですが、硫酸銅溶液に血液を滴下して調べます。血液比重は赤血球の量に関係があり赤血球の数が多く赤血球中のヘモグロビン濃度が高いほど高くなります。

もともと男女差も大きく女性は男性より低めになります。標準範囲は男性で1.052−1.060、女性で1.049−1.056となっていますが比重不足になる割合はもともと女性の方が大きくなります。

しかし全員が貧血ではないでしょうけど女子大で7割が献血できないというのは心配ですね。無理なダイエットや偏食がたたっているのでしょうか。鉄分を多く含んだ食事は作るのに手間のかかるものが多いですし、自炊してないのかな。全然他人のこといえた身分じゃないですが(笑)

長崎県諫早市の木下研一郎・恵寿病院長は「女性の半分は自覚がないまま鉄欠乏性貧血か、その直前という危機的な状況に陥っている」と懸念。また、女性より血液が濃い男性がアウトになる事例が増えていることは、「診察が必要な貧血が懸念される男性は多いはず」(日赤)とみられ、男女ともに“危険水域”に達しているのが現状だ。

若い頃は健康よりスタイルっていう考えも分かりますが、まず健康ありきですねっていくら叫んでも女子大生は聞く耳もたないかも。

<参考>日本赤十字社

| | Comments (7) | TrackBack (1)

2004.08.24

遺伝子操作でマラソンマウス

息子(4歳)は少し歩くと「つかれたぁ」の連呼です。でも面白いことをしてるときは疲れ知らず(笑)

YomiuriONLINEより「疲れない、太らない…遺伝子操作で「マラソンマウス」

遺伝子操作によって、長時間走り続けることができ、食べても太らないという究極の「マラソンマウス」を作ることに、米ソーク研究所や韓国のソウル国立大などのチームが成功した。

筋肉には速筋と遅筋があり速筋は瞬発力を出すときに、遅筋は持久力を出すのに使われます。マラソン選手の筋肉では遅筋の割合がきわめて高くなっています。

また、遅筋は体脂肪を燃やす有酸素運動を行うためダイエットにも効果的だといわれています。

 研究チームは、マウスの実験で「遅筋」という筋肉を増やし、新陳代謝を大幅に高めるPPARデルタ遺伝子を操作。通常よりこの遺伝子の働きが強いマウスを作り出した。

このマウスを走行器具上で走らせたところ疲れ果てて走るのをやめるまでの時間が通常マウスの1.7倍にのびたということです。しかも遅筋が発達したおかげでどんなに食べても太らない体になったとのこと。

そういえばマラソンの野口選手も相当な大食漢のようですね。

 ソーク研究所のロナルド・エバンズ博士は「糖尿病や肥満などの治療にも役立つ」としている。
問題は遺伝子ドーピングなどへの悪用です。あるアンケートによれば「メダルが取れるならば、5年後に死ぬと分かっていても薬を使うか」との問いに52%が「YES」と答えたという話もあります。

遺伝子ドーピングも技術的に不可能とは言い切れない段階に入ってきています。しかし検査技術の方はまだまだそこまで確立されてはいないでしょう。できることなればこのような技術が逆に人を不幸にすることのないようにと願っています。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

巻き貝の右巻きと左巻き

なんかタイトルと記事の内容がちぐはぐですね。

毎日新聞より「巻き貝:貝の巻き方、関与の物質解明 東大チーム

 巻き貝の右巻きと左巻きを決めるのは、細胞骨格を構成するたんぱく質線維「アクチン」が深くかかわっていることが、黒田玲子・東京大総合文化研究科教授らのチームが明らかにした。24日発行の国際学術誌「カレント・バイオロジー」に発表した。

巻き貝の9割は右巻きです。別にコリオリの力が働いているわけでなく南半球でも右巻きです(笑)。巻き貝の仲間のカタツムリもほとんどは右巻きです。この右巻きと左巻きに関する調査のようですが

研究チームは、タケノコモノアラガイの受精卵で、細胞の形態を維持するアクチンの生成を阻害したところ、受精卵は右巻きにも、左巻きにもならず死滅した。卵割段階で、アクチンが巻き方を決めている可能性が高いという。

なんでしょうか。アクチンの生成を阻害したら死滅したのでアクチンが巻き方を決めているというのは少し説明が不足しすぎてませんでしょうか(笑)。アクチンはどの真核生物ももつタンパク質です。阻害したら死んじゃうのはすごくうなずけますが。

むしろ面白かったのは後半部分です。

 また、卵割の初期段階では、右巻きと左巻きは、卵割の進み方に差があることも判明した。4細胞から8細胞へ分裂する際、右巻きは最初から右へねじれながら分裂したが、左巻き貝は途中まで右巻きでも左巻きでもない対称な形で卵割が進み、最後に左へねじれた。

左巻きの場合は卵割の最終段階までねじれないんですね。

黒田教授も「今回の研究成果を、巻き型遺伝子の決定につなげたい」と話されてることですし、この成果を貝の巻き方を決める物質を解明したとして記事にしたのはちょっと新聞社の勇み足かなとは思いますが。

| | Comments (203) | TrackBack (0)

2004.08.23

京町屋が消えていく

人気の出ている京町屋ですが、

Yahoo!NEWSより「古都の風情ピンチ 京町家、7年で13%減」(共同通信)

 京都市内の京町家が過去7年間で13%、927軒も減少したことが23日までに京都市の調査で分かった。減少分の約4割が一般住宅、約1割がマンションに建て替えられており、都市化の波が風情ある町並みにも影響を与えそうだ。

古くからある町屋にはユニークな特徴が多くあります。続き長屋が延焼するのを防ぐために隣家に接する妻壁を屋根より高くした「うだつ」、下端がまっすぐ切り取られ町並みを綺麗に見せる効果をもつ「一文字瓦」、2階にあけた虫かごのような明かり取りの窓「虫籠窓」などです。また職業によって異なる「出格子」や犬矢来などもあります。

 今年3月、市民ボランティアの協力を得て京都市中京区、下京区に残る京町家を調べた。その結果、確認された京町家は7年前の調査時から927軒少ない5992軒だった。

町屋が残るのは多くは京都の中心部です。マンションにするのを他人がとやかくはいえませんが、京都の風情がなくなっていくのは寂しいことです。

| | Comments (14) | TrackBack (1)

早食いは肥満のもとを実証

僕は早食いです。妻は「一生懸命作ってもあっという間に食べてしまう」と文句たらたら(笑)
毎日新聞より「早食い:「肥満の元」実証 遅い人と比べ平均5.8キロ差−−国立健康・栄養研調査

 国立健康・栄養研究所などの研究グループが全国の女子大生を対象に実施した大規模調査で、早食いの人ほど太っている傾向があることが明らかになった。とても速く食べる人は、とても遅く食べる人より平均5キロ以上、体重が重かった。「早食いは肥満の元」という言い伝えが実証される結果となった。

早食いが肥満のもとだというのはずっといわれていたことです。血液中の血糖値がピークに達すると満腹中枢が刺激されます。しかし血糖値が増加するのは食べ始めてから15−20分後なため早食いの人は満腹中枢が刺激される前にたくさん食べていることになります。
調査は97年に全国22大学の女子大生1744人を対象に行ったとのこと。
 解析の結果、身長と食べる速さとの相関関係がなかった一方、「とても速い」と答えた人の平均体重は55・4キロ、「とても遅い」は49・6キロで、5・8キロの差があった。体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数BMIは「とても速い」が22・0、「とても遅い」が19・6で、ゆっくり食べる人ほどやせている傾向があった。

顕著な結果ですね。これからはゆっくり食べるようにしようかな。でも、身に付いた習性はなかなか直らないんですよね(笑)。

食事が遅い人は仕事ができないともいうけれど(笑)

ちなみに食欲をコントロールしているのは脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢です。
<参考>国立健康・栄養研究所

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.08.20

カタツムリを探せ

娘(5歳)が朝から「舞え舞えへかたつぶり。舞はぬものならば、馬の子や牛の子に蹴ゑさせてん、踏み破(や)らせてん」と『梁塵秘抄』の一説をつぶやいておりました。うちの子は天才か!と思えば朝からやってる幼児番組『日本語であそぼ』の影響のようです(笑)

Yahoo!NEWSより「カタツムリを探して! 自然保護協会が呼び掛け」(共同通信)

 「大型カタツムリが姿を消した?」−−。日本自然保護協会(東京)が「自然しらべ2004 カタツムリをさがそう。」を実施中で、カタツムリの目撃情報を寄せてほしいと呼び掛けている。調査は8月末まで。

Shakey
自然調べは日本自然保護協会が身近な自然にひとりひとりが気がつこうという趣旨で毎年行っているもので今年はカタツムリ探しです。発見したら特徴や個体数・発見日時・場所を電子メールで協会に報告する仕組みです。

 身近な存在のカタツムリだが、庭の減少や農薬使用といった環境変化で殻の直径が3センチを超える個体が減り、小型や外来のカタツムリが増えるという「異変」が指摘されている。調査は全国の現状を把握するとともに、参加者に身の回りの自然の変化に気付いてもらうのが狙いだ。

そういえば大きなカタツムリはめっきり見なくなりましたね。1cmにも満たないような小さいのはよく見かけますが。

日本にいるカタツムリは約700種。移動距離が短く(笑)分布域が狭いので地方によって多様な種が生息しているそうです。殻の大きさや模様、右巻きか左巻きかで分類できます。

日本でも古くから親しまれていたため、呼び名もいろいろです。カタツムリ、デンデンムシ、マイマイ、ツブリなど。柳田国男が『蝸牛考』でその方言地図について詳しく述べていますが、カタツムリという言葉ももともとは京都付近の方言だったようです。

ちなみにカタツムリは巻き貝の一種です。

<参考>日本自然保護協会

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2004.08.18

土星の衛星また2つ発見

それにしても子だくさんな惑星です(別に子どもじゃないけど)。まるでテレビの大家族シリーズを見ているようです(笑)。

Yahoo!NEWSより「土星の衛星、計33個に 米欧の探査機が2個発見」(共同通信)

米航空宇宙局(NASA)は16日、米欧の無人探査機カッシーニによる観測で土星の衛星を新たに2個見つけたと発表した。土星の衛星はこれまでに31個見つかっており、今回の発見で計33個になった。

Shakey
まあ太陽系には63個の衛星をもつ大御所「木星」がいますから33個になってもまだ半分です。もっと頑張ってください(笑)

 衛星は「S/2004S1」と仮に名付けられた1個目が直径約3キロ、2個目の「S/2004S2」が同約4キロと推定され、これまでに見つかった土星のどの衛星よりも小さい。S1が土星の中心から約19万4000キロ、S2が同約21万1000キロの距離にあり、土星から7番目に近い衛星ミマスと次のエンケラデスの間に位置していた。

直径3kmと4kmじゃ見つかりませんね。

土星探査の歴史をたどるとパイオニア11号が初めて訪れたのが1979年。その後ボイジャー1号、2号が続き今カッシーニが周回軌道に入っています。

衛星も続々と新しいのが発見されていて最近では2000年に12個、2003年に1個が新たに加えられています。今回の2個で今のところ33個。これからもっと見つかるかもしれません。

| | Comments (7) | TrackBack (5)

健康食品データベース

僕の周りには健康食品フェチが多いです(笑)。あれがいい、これがいいという話を聞いてはとびついてます。

Asahi.comより「アガリクス、アロエは健康によい? データを公開

 健康食品で健康になれるの――。「にがり」や「アガリクス」など広く使われている健康食品について、有効性と安全性の科学的な根拠を示そうと、独立行政法人「国立健康・栄養研究所」(東京都新宿区)が、約100種類の食品に関するデータをホームページで公開した。

このデータベースでは、過去に発表された内外の文献を徹底して調べ上げ、それぞれの食品の有効性についてまとめてあります。新しい文献が発表されれば随時データを追加するようです。

「抗がん効果がある」などといわれるアガリクスについては、マウスでの実験結果を紹介する一方、「ヒトでの有効性と安全性については信頼できるデータが見当たらない」と説明。また、「肝臓の機能を高める」といわれるウコンについては、「消化不良に対しては一部にヒトでの有効性が示唆されている」としながら、データは不十分だという。

データベースをざっとながめてみると、まともな科学的根拠のある文献の見つからない(つまりうさんくさい)食品の多いこと多いこと。

たとえば眼にいいとされるブルーベリーは、

俗に「血管を丈夫にする」などといわれているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータが見当たらない。なお、「眼によい」等といわれ、サプリメント等に使用されるのは野生種のビルベリーであり、ここに記載した種類とは別種である。

となっており、さらにビルベリーを引くと

俗に「眼精疲労や近視によい」などといわれているものであるが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。

だそうです。

健康食品による健康被害という本末転倒の事件もあります。あくまで現段階ですが科学的に効果のあるものとないものを分類するデータベースは役立ちそうです。

<参考>国立健康・栄養研究所

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.08.17

アインシュタインを捜せ

高校生を対象にした国際学力コンテストとしては数学オリンピックが有名ですが、

YomiuriONLINEより「アインシュタインを探せ、学会が高校生対象コンテスト

 全国の高校生から“日本のアインシュタイン”を発掘する日本初のコンテスト「物理チャレンジ2005」が来年の夏、岡山県で開かれる。アインシュタインが26歳で特殊相対論など革命的な3つの理論を発表した1905年から100年を迎えるのを記念し、日本物理学会などが企画した。将来の国際物理オリンピック出場も視野に、100人の高校生が物理の思考力や実験技術を競う。

高校生レベルを対象にした国際学力コンテストは数学オリンピックの他に、化学オリンピック、物理オリンピック、情報オリンピック、天文オリンピックなどがあります。

このうち数学オリンピックは日本からも毎年参加していますし、化学オリンピックには2003年に初参加。今年は見事に金メダルを獲得した人も出ました。

ところが物理オリンピックや生物オリンピックには資金難を主な原因として今まで参加していません。数学オリンピックなども企業の協賛金で日本大会などが運営されているのが現状です。

スポーツにお金をかけるのと同じくらいこういった国際学力コンテストにも国のお金をかけられないものでしょうか。

 大会出場者は来年8月12―15日に、「原子間力顕微鏡の原理を説明せよ」といった理論問題や、2―3人でチームを組む実験問題に泊まり込みで挑戦する。参加できる100人は、インターネットで配布される模擬問題や、課外活動の経験などで決定される予定。来月にも、正式な募集要項を発表する。

ぜひ国際物理オリンピック目指してがんばってもらいたいものです。ただそのためには学校ぐるみでもりあげていかなきゃ。

<参考>日本物理学会

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2004.08.16

日の出・日の入りを見たことのない子ども5割をこえる

今までに見た一番綺麗な日の出は360度見渡すかぎり海という船の上でみた日の出でした。

毎日新聞より「日の出・日の入り:見たことない子ども、過半数−−関東の900人調査

 「日の出・日の入りのどちらも見たことがない」と答えた子どもが半数を超えたことが、川村学園女子大(千葉県我孫子市)の斎藤哲瑯(てつろう)教授(61)の調査で分かった。斎藤教授は「ついに5割まできたかという思いが強い。家族ぐるみで自然を体験する機会を増やす方策を考える必要があるのではないか」と話している。

過去の調査では「日の出・日の入りを1回も見たことがない」子どもは、91年が41.0%、95年が43.3%、00年が46.1%で今回04年の調査で52%と初めて半数をこえたそうです。また、見たことがある子どもの中でも「1回だけ」が22%、「2−4回」が15%、「5−7回」が5%、「7回以上」は6%だったとのこと。

日の出はともかく日の入りも見たことないですか。別に山や地平線に沈む夕日じゃなくってもビルの谷間に沈んでも日の入りだと思うんですけど。むしろそんな現象に無関心になっているんでしょうか。

夕日に向かって青春を叫ぶのはやはりもう古いんですね(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

4年後に宇宙ホテル開業か?

幼い頃、将来の夢に「宇宙に行きたい」と書いた記憶があります。21世紀になったら行けると思ってたのにまだまだ僕の収入では(笑)

CNNより「4年後に「宇宙ホテル」の打ち上げ目指す 米実業家
TransHAB

宇宙旅行をする民間人のために、格安で快適な滞在場所を――。米ホテルチェーン「バジェット・スイート・オブ・アメリカ」のオーナー、ロバート・ビゲロー氏(60)は5年前から、世界初の民間宇宙ステーションの建設計画を進めている。早ければ08年に、第一弾を打ち上げる予定だという。

計画しているのはビゲロー氏が設立したビゲロー・エアロスペース社。同社はNASAが開発した膨張式の宇宙ステーション「トランスハブ」の開発権を取得し来年の11月には3分の1の試験モデルを打ち上げる予定とのこと。

この「トランスハブ」は風船をふくらませたような形をしていて、圧縮した状態で打ち上げ宇宙空間でふくらませて使用するようです。これをいくつも連結して大きな居住棟にすることもできるとか。

地上で展開するホテルチェーンと同様、「普通の旅行者」が利用しやすい手ごろな料金設定を目指す。ただ問題は、宇宙ホテルまでの移動手段だ。同社の施設が完成するまでに、民間宇宙船は実用化しているだろうか。ビゲロー氏も「ホテルは建つが、客が来ないのでは」と、気をもんでいる。

宇宙旅行に行く「普通の旅行者」って誰でしょう(笑)。「客がこないのでは」っていわれても・・・。

ちなみにこの会社は最終的に月を周回する100人乗りの豪華な月観光船を作り、1週間の休暇で地球から行けることを目指しているそうです。

<参考>Bigelow Aerospace

| | Comments (4) | TrackBack (1)

エベレストが年々低くなっている−温暖化

雪が溶けているということでしょうか。

Yahoo!NEWSより「地球温暖化で高度低下か エベレスト、30年で1m強」(共同通信)

15日の新華社電によると、中国科学院青蔵高原研究所はこのほど、世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ)の高度が地球温暖化により、1966年から99年にかけ1・3メートル低下しているとの分析結果を発表した。

エベレストの標高が測定されたのは1954年。インドが周辺の12カ所で測定した結果を平均して得られた8848mが公式の標高でした。ただ中国は1966年より独自に標高を測定しており、19966年に8849.75m、75年に8849.05mとしています。これは雪面までの値のためこれから積雪の厚さ0.92mを引いて8848.13mを公式の値として採用しているようです。

ところが1999年に米のボストン科学博物館のチームがGPSを使った測定を行い8850mという結果を出しました。これ以来、公式の値としてはこれが採用されています。

 科学院の計測によると、雪面を含めたエベレスト山頂の高度は66年に8849・75メートルだったが、その後一貫して低下。99年には8848・45メートルとなった。年間平均の低下幅は92−98年が約0・1メートルとそれ以前の10倍に達し、その後も拡大しているという。

中国が観測しているのは雪面の変化のようです。温暖化による雪どけで雪面が下がっているということでしょう。季節変化もあるでしょうが全体的な傾向としては薄くなっているようです。

エベレストの雪がとけちゃうなんてことはないでしょうね(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.08.15

全長100kmのアリの巣発見

わが家でも庭にできたアリの巣と妻が先日、格闘しておりました。

YomiuriONLINEより「豪で巨大なアリの巣発見、全長100キロも

 オーストラリアのメルボルンで、全長100キロにも及ぶ巨大なアリの巣が見つかった。豪モナシュ大のエリサ・スア博士らが発表した。

 このアリは「アルゼンチンアリ」。原産地のアルゼンチンでは異なる巣のアリが攻撃し合うため、巣は数十メートルにしかならない。オーストラリアに移入したものは遺伝的な変化によって性質が温和になり、隣同士が融和しながら巨大化したらしい。

全長100kmのアリの巣ですか。アリの巣ころりでは対処できませんね(笑)。隣同士が融和しながら大きくなったって、なんかM&Aで大きくなるどこかの会社のようです。
 アルゼンチンアリは、世界に広がりながら土着のアリを駆逐し、植物や他の小動物の多様性まで脅かすため、国際自然保護連合によって悪質な外来種100種にも指定されている。

アルゼンチンアリ

日本でも1993年に広島県廿日市市で最初に発見されて以来、広島県の他地域や山口県遠くは兵庫県でも生存が確認されています。生態系の影響が心配されているようです。

このアルゼンチンアリは他のアリと違い、ひとつの巣に多数の女王アリがいること、巣の間での干渉がないこと、巣の場所を選ばず屋内や戸外のちょっとした隙間にでも巣をつくることから非常に強い繁殖力を持っています。

屋内にもどんどんとやってくるようです。

願わくば日本では全長100kmの巣を作りませんように。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

牛糞で作った茶室

Yahoo!NEWSより「剪定枝使ってエコ茶室造り 循環型社会を日本文化の中で」(産経新聞)

 循環型社会を日本古来の文化の中で体現しようと、名古屋工業大の大学院生や地元の美術家らが、牛ふんや剪定(せんてい)枝を使った茶室造りのプロジェクトに取り組んでいる。

牛糞を使った家といえばマサイ族やインドの先住民の家を思い出しますが、これらの家では牛糞に防虫効果があるため虫を防ぐ意味もあるようです。

今回作っているのは6m×2m×1.8mの楕円形の茶室。間引した木材や牛糞を処理しブロック状にしたものを壁に使用するそうです。

 建材に選んだ牛ふんや剪定枝は、近代農法ではほとんど廃棄物になっている。プロジェクトでは、これらを日本人の美意識を象徴する喫茶の場・茶室の建材にあえて採用。農業とは切り離せない日本の食文化と、循環する“食”そのものへの再考を促すねらい。

牛糞を燃料に使うのは時々ありますが、ブロックにして壁に使うのは新鮮(笑)。

僕も幼い頃、専業農家だった祖父が牛を飼っていたので牛には思い入れがあります。ただわが家では牛小屋はのちに僕の勉強部屋に化けてしまいましたけど(牛小屋をつぶして建て直したんですよ、念のため)

本格的な建築材になるわけではないでしょうが、話題の提供としては面白そうですね。ただあのニオイはどうなるんでしょうか(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.13

寿命を延ばす遺伝子発見

不老不死は人間のあくなき野望です。

YomiuriONLINEより「長寿保証するたんぱく質を発見…日本とチェコ共同で

 長寿に重要な役割を果たす新しいたんぱく質を、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)とチェコのサウスボヘミア大学の研究チームが明らかにした。このたんぱく質がうまく働かないと生活習慣病などを発症する恐れもあり、寿命を延ばす治療法開発にもつながると期待される。2日付の英科学雑誌EMBOジャーナル電子版で発表された。

活性酸素(フリーラジカル)は酸素が活性化したもので非常に強い酸化力をもちます。ヒドロキシラジカル、一重項酸素、スーパーオキシド、過酸化水素、、オゾンがあり、様々な病気の発生に強く関わっているだけでなく、老化を早める働きがあることなどが分かってきています。

活性酸素はタバコの煙や自動車の排ガスの中などに含まれ、また紫外線が皮膚にあたって発生したりストレスでも増加します。通常は防御反応があり体内を正常に保っているのですが、

 この防御には「AP―1」というたんぱく質が指令を出しているが、それを構成するアミノ酸の1つが酸化するとうまく働かなくなる。研究チームはたんぱく質「MBF1」が、AP―1の酸化を防いでいることを発見した。実際、MBF1遺伝子がないショウジョウバエは、ストレスを与えると寿命が約4分の3に短くなったという。

まだまだ基礎的研究の段階のようですが、これからの発展を期待したいものです。

<参考>国立遺伝学研究所

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2004.08.12

ティラノサウルスは1日2kg成長した

うちの妻は食べたら太ると嘆いてますけど(笑)

YomiuriONLINEより「1日2キロ!ティラノサウルス、若い時期急成長だった

史上最大の肉食恐竜ティラノサウルスは、ワニなど通常の爬虫(はちゅう)類のように生涯を通じて成長し続けたのではなく、若い時期の4年間に1日2キロという急激なペースで成長していた。米自然史博物館やカナダ王立ティレル博物館などの共同研究で巨大肉食恐竜の成長ぶりがわかった。

T-REX
1日2キロということは4年間で365×4×2=2920kgじゃないですか。うちの息子(4歳)と娘(5歳)にこれだけ大きくなられたらどうしましょうか(笑)

白亜紀後期(8500−6500万年前)に生存したティラノサウルス。いわゆるティラノサウルス・レックスは史上最強の肉食恐竜といわれています。ティラノサウルスは「暴君トカゲ」、レックスは「王」の意味をもちジュラシックパークでも有名ですね。

体長は15m前後、体重5tと推定されており上下の顎についたとがった歯で獲物の肉を食いちぎったといわれていますが、実は運動能力が劣っており、生きた獲物を追いかけず死肉を食べていたという説もあります。

化石は20あまり、完全なものは3体のみしか出土していないため貴重です。

 この研究を行うためには、1つの骨の3分の1以上を破壊して内部の成長線を確認する必要があり、標本数が少ない段階では実現が難しかった。今回、米自然史博物館、ティレル博物館、最大のティラノサウルス化石「スー」を展示しているシカゴ・フィールド博物館など世界最高水準の博物館が所蔵品を提供しあったことで初めて実現した。

ティラノサウルスは4年間の成長後はほとんど成長が止まってしまうようです。

見違えるくらい大きくなったねぇなんていう言葉は彼のためにあるのでしょうか(笑)

| | Comments (43) | TrackBack (0)

2004.08.11

今年は見られるかペルセウス座流星群

昨年は満月に邪魔されてしまいましたが今年の観測条件は良さそうです。

Asahi.comより「ペルセウス座流星群、12日が出現ピーク

夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が12日にピークを迎え、今晩(12日未明)と明晩(12日夜)が見ごろと予想されている。晴れれば、北東の空のペルセウス座に近い1点(放射点)から、流星が飛び散るように見える。

ペルセウス座流星群は1月の「りゅう座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とならんで3大流星群に数えられます。今年の極大は8月12日早朝と12日20時頃。山や草原などでながめれば1時間で50個程度の流星を見ることも可能です。

ラッキーなことに僕はお盆で田舎におります(笑)。去年も見ようと思ったのですが、酔いつぶれて寝ていました。今年はがんばろうかな・・・親父と盛り上がらなければですけど(笑)

流星は地球の公転軌道付近に漂っている0.1mmから1cm程度のチリが秒速数十キロメートルで地球の大気に突入し発光する現象です。ペルセウス座流星群のもとになるのは1992年に近日点を通過したスイフト・タットル彗星が残していったものです。

これらのチリの発光が流星となりペルセウス座付近の一点から放射状に流れてくるようにみえます。

 国立天文台によると、今年は月明かりに邪魔されず、条件は最適。放射状に飛んだ流星はどの方向にも現れる可能性があり、ピーク時には1時間あたり数十個の流星が見えるという。

今年は8時頃だから大丈夫かな。

<参考>国立天文台

| | Comments (2) | TrackBack (3)

手話で歯痛を訴えるゴリラのココ

日本にはチンパンジーの「アイ」がいますがアメリカにはゴリラの「ココ」がいます。

CNNより「約1000語を「話す」ゴリラ、手話で歯痛を訴え

米サンフランシスコ郊外にあるゴリラ財団で、約1000語のアメリカ手話(ASL)を「話す」ことで知られる雌ゴリラの「ココ」が、口が痛いと合図で示し、人間と「会話」することに成功した。

Shakey
実は僕も数日前から歯痛で苦しんでます。他人ごととは思えません。人じゃないですけど(笑)。

1976年に設立されたゴリラ財団はゴリラの保護を目的とした財団です。ここで行われているココ・プロジェクトは手話(アメリカン・サイン・ランゲージ)を通じてゴリラとコミュニケーションをとろうとする試みで現在では1,000近くの語彙力を持っているようです。

体重約150キロのココは、33歳の誕生日を迎えた7月4日すぎから、飼育係らに「痛み」を訴え始めた。飼育係らは、1─10までの数字で痛みの度合いを示す表を使って、ココに「問診」。ココが「とても痛い」を意味する「9」や「10」を頻繁に指すようになったため、歯科診療を開始した。麻酔治療が必要だったため、それに伴う全身の健康診断も行った。

歯痛の苦しみはゴリラにとっても同じ事なんですね。僕も9か10です(笑)。3人の歯科医と3人の麻酔医、2人の獣医のほか、耳鼻科医、心臓医、消化器医、婦人科医の12人の医師団で葉の治療の他健康診断も行ったとのこと。医師が名刺を差し出したところココは名刺を食べちゃったとか(笑)。名刺差し出すほうもどうかと思うんですが。

<参考>ゴリラ財団

| | Comments (22) | TrackBack (1)

子どもはインターネットが大好き

教育にITを持ち込むことに文科省は必死のようです。

Yahoo!NEWSより「好きな勉強は「インターネット」=小学生の勉強観調査−ベネッセ」(時事通信)

 インターネット大好き、「金持ちになるため勉強」は少数−。ベネッセ未来教育センターがこのほど、首都圏の小学5、6年生約1200人を対象に実施した「勉強観」に関するアンケート調査でこんな結果が出た。現代の小学生は「体験的」な授業を好むことや、試験をゲーム感覚でとらえていることが浮き彫りになった。
 「好きな勉強」を複数回答で聞いたところ、「インターネットで分からないことを調べる」が83.0%で1位、「会社や工場、市場を見学する」(78.3%)が2位だった。

社会見学は僕も子どもの頃大好きでした。工場へ見学に行って機械が動いてるのを見るだけでワクワクしていた覚えがあります。もっとも見学後にもらえるジュースなんかの方が魅力的だったのかもしれませんが(笑)。某下着メーカーでパンツもらったときはあまり嬉しくなかったけど・・・。

子どもにとってインターネットなどの授業はとても魅力的だということでしょうね。あとはいかにしてネットにおける情報の取捨を学んでいくかということでしょう。玉石混淆のネット上の情報を教科書のように鵜呑みにされても困るし。ネチケットなんて言葉は聞かなくなりましたが、ネットのマナーも大切でしょうね。

こうやって情報をしっかりと選択できる子どもたちが大きくなった頃が本当のネット社会になるのかもしれません。

ただ、

全体的に体験的にかかわる授業の人気が高く、こうした項目では女子よりも男子の肯定的な回答が多かった。その一方で、「商店の人にインタビュー」「勉強内容を大勢の前で発表」など、人とのコミュニケーションを求められる項目は35%前後で下位だった。

小学校の時に生身の人間と触れあうことを軽視すると・・・。まず生身の人間から仕入れる情報が第1だということを分かっておいてほしいものです。その情報を仕入れるためにはどんな人間関係を築けばいいかということも含めて。

<参考>Benesse

| | Comments (39) | TrackBack (0)

世界最大の地下の断崖発見

子どもの頃の楽しみはやっぱり「川口浩探検隊」(笑)。いつもタイトルにだまされながらワクワクと見ていました。自分でも鍾乳洞探検なんかにいったものですが、

Yahoo!NEWSより「世界最大の地中断がい発見 クロアチア、落差500m」(共同通信)

クロアチア中部ベレビト山地にある洞窟(どうくつ)内で、落差が500メートルを超える世界最大とみられる地中の断がいが発見されたことが9日、分かった。同国の洞窟学会がAP通信に明らかにした。
 同学会のアナ・バクショチ研究員は「クロアチアにはほかにも規模の大きな洞窟があるが、この洞窟の断がいは、分かっている限り世界最大」としている。

地面の下に500mの断崖があると思っただけでワクワクしちゃいます。ベレビト山地はディナルアルプスの支脈の一つ。石灰岩質の地形で洞窟なども多くあるようです。

しかしレベルが違いますね。

同学会の測定では、断がいは洞窟が一定の傾斜で約62メートル深くなった地点から、ほぼ垂直に516メートル落ち込んでいる。洞窟の幅は最大で約30メートル。

底はやはり地底湖かなんかになってるんでしょうか。誰か探検に行くのかな。でもこれだけの規模だと相当準備が必要でしょうね。無理かもしれない。

まだまだ地球上にも知られていないことが残っていることが少し嬉しい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.08.08

温暖化で氷河の9割が消えた

温暖化が極地では進んでいるとは聞いていましたがこれほどとは

YomiuriONLINEより「カナダ最北部の氷河、100年間で9割消えた

北極海に面したカナダ最北部で氷河など陸上の氷が過去100年の間に9割も消失、流氷など海上の氷も過去15年で厚さが3分の1にまで減っていることが、カナダ・ラバル大などの観測で6日、明らかになった。極地で顕著とされる地球温暖化の影響と見られている。

モデル計算によれば極地では温暖化の直接の影響の他に熱帯から熱が上昇気流に乗って運ばれるため他の地方よりも気温上昇は大きくなります。

記事によれば19世紀から20世紀にかけて行われた探検時に比べ氷床の総面積が1割に減っているとのことです。

北極最大のワードハント氷床(表面積約440平方キロ)は2002年ごろから割れ始め、昨夏に大きく割れた際には氷床内の湖(面積150平方キロ)から淡水が海へ流出したことも確認された。湖は毎年夏季に出現し、塩分の少ない水を好む原始的な微生物が生息しているが、生態系に深刻な影響が出ている。

氷が溶けた場合の海水面の上昇などがよく話題になりますが、それよりも物質循環を含むエネルギーバランスの崩れによる生態系に与える影響の方が気になりますね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アトランティスはアイルランドだ

子どもの頃誰しも失われた大陸にあこがれる時期があるんではないでしょうか。

Yahoo!NEWSより「アトランティス大陸はアイルランド、地理学者が新説

 古代に実在したとされる伝説の「アトランティス大陸」はアイルランドだったという新説をスウェーデンの地理学者が発表した。アトランティスがどこに実在したかについては、過去数千年にわたり論議されてきた。

我々をこれだけ悩ませてくれた張本人はプラトンです。彼はその著書、『ティマイオス』と『クリティアス』の中でアテネの政治家ソロンから聞いた話として9,000年前(今からだと12,000年前)に地中に没した幻の楽園「アトランティス」の話を書いています。

プラトンによれば・・・
アトランティスはジブラルタル海峡の西にある大陸でポセイドンの5組の男子が王となって支配していました。島の南側にアクロポリス(環状都市)が位置しており、その北には高い山々で囲まれた豊かな平地が広がっていました。農産物や金属資源に富み、港は世界各国からの船で繁栄していたようです。

しかしその栄華も地震と洪水により一夜にして終わりを迎えることになります。

 地理学者ウルフ・エルリングソン氏は、来月出版予定の自著で、プラトンが描写したアトランティスの大きさ、地形、景色がアイルランドにほぼ当てはまると述べている。
 エルリングソン氏はロイター通信に対し、「誰もこれを思いつかなかったことに驚いている。信じられない」と語った。
 同氏は世界中の大きな島50についてのデータを収集調査した。アトランティスのように中央に平原があるのは、アイルランドだけだったという。

そんなこと言われても・・・という感じですが(笑)

アトランティスに比定される土地は千以上にのぼります。有名なのは地中海説(クレタ島)、大西洋説(アゾレス諸島付近)でしょうか。

僕としてはむしろ邪馬台国の方が気になりますけど(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

夜寝る前の食事は肥満のもと−これは伝説にすぎない

朝食は和食を死守することを書いたばかりですが

毎日新聞より「「朝食をとった方がやせる」は本当?

 米厚生省は88〜94年、朝食をとっているかどうかと、朝食の品目について、1万6000人以上を対象に調査した。その結果、肥満度の判定に使う体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数「BMI」は、朝食をとっていない人の方が高い傾向になった。食事内容では、朝食で穀類・米を中心にとっている人のBMIが最も低かった。従来の和食の朝食は「理想の朝食」といえそうだ。

強力な援護射撃ですね。パン食の妻と子どもたちに早速教えましょう(笑)。

シリアルや果物・野菜を中心にとっている人のBMIも低かったそうですが乳製品や肉・卵が中心の人のBMIは逆に高かったそうです。

 ニュージーランドなどの研究者の論文によると、食事回数と体重に明確な関係はなかった。

朝ご飯を食べる食べないよりも、何をどれくらい食べるかが重要だとのことです。いわれてみればあたりまえですが。

むしろ興味深かったのは

米国の研究チームは昨年、サルを使った実験で、食事をとる時間と体重増に相関関係はなかったと発表した。「摂取するエネルギー量が問題であり、寝る前に食べると太るというのは伝説にすぎない」としている。

仕事柄夜寝る前に食事をとることが多い僕ですがちょっと安心。以前かかりつけの医者には寝る前の食事をやめろと怒られたんですけど。早速これを見せましょう(笑)

しかしアメリカが肥満を異常に気にするようになってから肥満に関する記事が多いこと多いこと(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ソーラーセールが宇宙を翔る日は来るのか

クラークの「太陽からの風」も着実に実現しようとしています。

Yahoo!NEWSより「宇宙に開け大輪の花=太陽光「帆船」目指し実験−9日にロケット打ち上げ・鹿児島」(時事通信)

 太陽の光を大きな帆に受けて進む「ソーラーセール」探査機の実現を目指し、宇宙航空研究開発機構は9日夕、鹿児島県内之浦町から小型ロケットを打ち上げ、直径10メートルの薄い膜状の帆を2種類、宇宙空間で開く実験を行う。外周に枠がある簡単な帆の展開実験はロシアが行った例があるが、枠がなく大きさに制限のない実用的な帆の展開は、成功すれば世界初の快挙だ。

ソーラーセール
ソーラーセールは次世代の推進システムとして注目されており、NASAでも研究されています。惑星協会のコスモス1も有名です。

ソーラーセールは太陽光の光子エネルギーを帆に受け推進するいわゆる宇宙の帆船。今までの化学エネルギーを利用した推進機関とは全く別の発想になります。ただ技術的な問題点も多く、帆の膜素材が最も大きな問題です。微力な光子の運動量を利用するため軽くて熱に強い素材が必要ですがほとんどの素材は重くて実用にはなりません。

ただ原子力などを利用できにくい日本にとっては、木星探査などを行うにはぜひとも必要な技術になるでしょう。

科学者の中にはコーネル大のトーマス・ゴールド名誉教授のようにソーラーセールは物理学の法則に反すると述べている人もいますが。

 実験提案者の川口淳一郎教授は「帆の花をうまく咲かせることができれば、実用化に大きな弾みが付く。2010年代前半に木星探査機に応用することを検討している」と話している。

クラークの書くように宇宙ヨットのレースが行われる日はくるんでしょうか。

<参考>宇宙航空研究開発機構川口研究室

| | Comments (9) | TrackBack (2)

2004.08.07

世界最古のパン

わが家では僕以外は朝食にパンを食べてます。僕はなにがなんでもご飯党なんですが。

YomiuriONLINEより「2万3千年前がパンの起源、イスラエルで炉を発見

小麦をすりつぶして水を混ぜ、焼き上げる――というパン作りの最古の証拠を、米スミソニアン協会自然史博物館のドロレス・ピペルノ博士らがイスラエルで発見した。放射性炭素を使った年代測定で約2万3000年前の遺跡であることがわかった。

これまではシリア北部で見つかった1万数千年前の石皿に小麦をすりつぶしたあとがあったことから、これが最古のパン作りといわれていました。
 研究チームは、イスラエル北東部のガリラヤ湖西岸で小麦をすりつぶした石器や生地を焼いた炉などを発掘。顕微鏡を使い、野生の大麦や小麦のでんぷんの粒が石器に付着していたことを突き止めた。農耕が始まる1万年以上前から、野生の麦を加工して効率よく栄養を得ていたようだ。

パン作りがきちんと確認されるのは6000年ほど前のメソポタミアです。当時のパンは今のような発酵させたものでなく、チャパティーのようなものだったといわれています。

その後エジプトに伝わり偶然のたまものか発酵パンが作られるようになりました。エジプトからギリシャに伝わってからは本格的なパンが量産されていきます。紀元前2000年にはれっきとしたパン屋も登場しています。

日本に伝わったのも案外古く、戦国時代に鉄砲などともに伝わったとされています。ザビエルなども自分で焼いていたのだとか。日本人の手でパンが作られたのはアヘン戦争当時、いざというときのために兵糧として作ったのが最初です。作ったのは韮山代官で反射炉で有名な江川太郎左衛門。今では全国パン協会から名誉ある「パン祖」の称号を贈られています。

ちなみに英語の「lady」の語源は「パンをこねる人」です。

今ではほぼ世界中で食べられるようになったパン。稲作よりは歴史が古いようですが米の僕はパンではお腹がふくれません。たとえ妻になんで一人だけご飯を食べるのといわれても米食を貫き通しましょう(笑)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.08.06

子どもは父親と遊びたくないと思っているようです

子どもと遊ぶとき、つい本気になることがあります。たまには父の威厳をみせないとと思っていたんですけど・・・。

UK Todayより「本気で子供と競争する父親、遊び相手には不人気

一緒に遊んでも父親が競争に本気になり過ぎて、逆につまらないと感じる子供が多く、父親は子供にとってあまりうれしくない遊び相手であることが、調査の結果明らかになった。

イギリスの調査結果ですがちょっとショック(涙)。調査したのは「the Children's Play Council」と「the Children's Society」。大人600人、子ども1,200人を対象に行った結果なんと「父親と遊びたい」と思っている子どもは全体の6%だったとのこと。6%ですか・・・。また、親の72%が毎日子どもと遊んでいると思っているのに対し、これに同意する子どもは30%しかいなかったそうです。

父親が遊び相手として不人気な理由として、父親は競争をすると、すぐに本気になり、自分の実力を子供にしっかりと示してやろうと奮闘して、かえって子供たちが閉口してしまいがちという状況があげられている。

いつも負けるようにはしてるんですが、たまには圧倒的な力の差をみせておいて実は父はすごいんだぞということを分からせようと思っていたんですが違ったんでしょうか(笑)。

いままで3回に1回負けていたのを2回に1回にすることにしましょう(笑)

| | Comments (40) | TrackBack (0)

クウシンサイで水をきれいに−で、クウシンサイって何?

Yahoo!NEWSより「野菜栽培でダムの水を浄化 大分で実験、販売も視野に

 大分県は5日、同県宇目町の北川ダムで、水を浄化する働きがある野菜クウシンサイ(空心菜)の栽培実験を始めた。野菜販売も視野に入れ、軌道に乗れば湖面の約1割で栽培する。
 生活排水などが流れ込むダムは窒素やリンで富栄養化状態となり、夏は水温上昇も重なりアオコなどが大量発生する。この成分を栄養に育つのが茎の中が空洞のクウシンサイ。カルシウムや鉄分などを含み、中華料理の材料などに使われる。

クウシンサイ

クウシンサイという野菜は初めて知りました。中国が原産で中華料理にはよく使われるようです。東南アジアの方でも消費量の多い野菜とのこと。このクウシンサイを使った水質濾過システム、いわゆるビオパークですね。ビオパークではクレソンなどを栽培するのかと思っていたのですが思わぬ伏兵登場です。

実験はダム湖面に約150平方メートルのいかだを浮かべ、土を入れた箱約100個を固定。箱下から数メートル伸びた根が水中の栄養を吸収する仕組み。5月に植えて10月には枯れるが、茎や葉は1週間ごとに収穫できる。冬場には他の野菜を植えるという。

クウシンサイを育てることで水中のBODを下げることができ、出荷して投資を回収できるのであればいうことありませんね。

水耕栽培ですから、流れが急でないなどの条件は必要でしょうが、水中の栄養塩類を吸着したり沈殿させたりするよりははるかにコストも安そうです。

これを機会にクウシンサイを食べてみましょうか。でも売ってるの見たことないな(笑)

| | Comments (61) | TrackBack (0)

始祖鳥はやっぱり飛べた

始祖鳥は滑空するくらいで飛べないと思っていました。

YomiuriONLINEより「始祖鳥やはり飛べた!?鳥と似た脳の構造判明

 飛んでいたのかどうかで議論が分かれていた最古の鳥「始祖鳥」に飛ぶ能力があったことを、英国自然史博物館などが突き止めた。頭骨化石をエックス線CT(コンピューター断層撮影法)で撮影し、脳などの構造を再現したところ、バランス感覚や視覚能力が鳥類並みに高いことが明らかになった。5日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

始祖鳥
始祖鳥の化石が発見されたのは1860年(1855年にも発見されてますが確認されたのは最近です)。ドイツのバイエルンの石灰石鉱山で発見されました。鳥と小型恐竜の両方の特徴を持っていたため恐竜と鳥をつなぐ生物といわれていましたが1986年、テキサスで始祖鳥よりも7500万年も古くはるかに鳥に近い特徴をもつプロトエイビスの化石が発掘されてから、始祖鳥は鳥の先祖ではないということになりました。中国でも鳥に近い特徴を備えた「遼寧鳥」「三塔中国鳥」「孔子鳥」などの化石が発掘されています。

最大の問題は始祖鳥の筋肉が鳥に比べて非常に小さいことです。しかし翼は大きく飛べたのか飛べなかったのかは大きな問題となっていました。

 飛行には骨格の特徴と共に、視覚の情報を扱う脳の部分(視葉)が発達することが欠かせない。現在の鳥類は爬虫(はちゅう)類に比べ発達しており、研究チームが調べた始祖鳥の脳でも、この部分が大きかった。体の平衡感覚を担う「三半規管」も鳥類に類似していたことから、研究チームは「始祖鳥は飛べた」と結論づけている。

あれだけ大きな翼を持ちながら「飛べない」というのも少し可哀想だな(笑)と思ってましたが、これで始祖鳥も天国でホッとしてるんでしょうか。飛べるたのに飛べないといわれるのも・・・(笑)。

他の特徴から考えて始祖鳥が鳥に進化したというよりは進化の袋小路にはいった種だというのはゆるがないでしょうがせめて飛べたといってあげたほうが始祖鳥も救われるでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.08.05

日本の人口のピークは今年?

Yahoo!NEWSより「増加率0・11%で最低 人口は1億2682万人

 総務省は4日、住民基本台帳に基づく今年3月31日現在の全国の人口動態を発表した。総人口は1億2682万4166人で、前年より13万5802人、0・11%増えたが、増加数、率とも1968年の調査開始以来、過去最低の伸びとなった。

人口が減少に転じるのは紛れもない事実ですが、問題はいつそれがおこるかでしょう。国立社会保障・人口問題研究所は出生率が高い水準で推移した場合の「高位推計」、低い水準で推移した場合の「低位推計」、中間の「中位推計」を発表しています。

一般的に使われる中位推計では日本の人口は2006年に1億2774万人でピークに達しその後2050年には1億60万人まで減少します。いわゆる2006年問題です。一方、高位推計では2009年に1億2815万人でピークに達し2050年に1億825万人まで減少します。

しかし、合計特殊出生率が1.29まで下がっていることを考えると最も低い水準の低位推計が俄然注目されます。低位推計では2004年、つまり今年に1億2748万人でピークに達し2050年には9203万人まで減少します。

この数値をみているかぎり低位推計よりも下方で人口は推移していくような気もします。

 年金問題も絡み注目される出生者数は112万9239人と最低。65歳以上の老年人口の割合は前年より0・42ポイント増の19・24%と最高になり、少子高齢化がさらに進んだ。地方の人口減が際立ってきた。一世帯の平均人数も2・54人と最低を更新、核家族化も続いている。

やっぱり今年が人口のピークなんでしょうか。

いずれにしても人口が減少していくことを前提とした社会システムの構築と国民の意識改革が必要ですね。

<参考>総務省統計局国立社会保障・人口問題研究所

| | Comments (13) | TrackBack (1)

2004.08.04

緑茶でガン予防−ただし女性だけ

忙しさが極限に達してきました。24時間のうち18時間くらい働いてるかんじです。ゆっくりすわってお茶でも飲みたい。

Yahoo!NEWSより「緑茶、女性の胃がん予防 「少し冷まして」と研究班

 女性は緑茶をよく飲む人ほど胃がんになる危険性が下がることが、約7万人を対象にした厚生労働省研究班(班長・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模な疫学研究で3日までに分かった。

緑茶の産地の静岡県では胃ガンの死亡率が全国平均より極端に低いことから、緑茶に抗ガン作用があるのではないかとは以前からいわれていたことです。胃ガンだけでなく消化器系全体のガンにも効果があるとの報告もあります。

緑茶に含まれるカテキンには胃ガンの原因であるピロリ菌を除去する働きがあり、またガン細胞の抑制作用も認められるそうです。培養した胃ガン細胞に緑茶から抽出したカテキンを添加したところ細胞死(アポトーシス)させることに成功した例があります。

ただこれらの意見にも賛否両論あるようで、今回の結果は緑茶の効果を裏付けることになるようです。

ただ、熱い飲料が食道のがんや炎症の原因になることも分かっており、研究班は「緑茶を飲む時は熱いままでなく、少し冷ましてから」と勧めている。

お茶は熱い方が僕は好みなんですが(笑)。でも関係ありませんでした。というのは、

研究班は約7万3000人の男女を7−12年間追跡し、生活習慣とがんとの関連を調べた。その結果、女性で緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の女性に比べ胃がんになる危険性が33%低かった。男性では効果は認められなかった。

なんで男には効果がないんだ!

<参考>厚生労働省

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.08.03

世界最小の潜水艦 Serafina

子どもの時「海底2万マイル」を読んでから潜水艦にはまりました。プラモデルの潜水艦も作りました。見事に進水式で沈しました(笑)。

PCWEBより「低価格で海中探査!? 世界最小サイズの潜水艇「Serafina」を研究開発

オーストラリア国立大学(ANU: Australian National University)は、世界最小サイズとされるプラスチック製の潜水艇「Serafina」の研究開発を進めている。将来的には複数艇のSerafinaで編隊を組んでの実用化が目指されることになるようだ。

Serafina
1艇あたり1,000ドルで製造されるSerafinaは40×21×14cmのサイズ。最大10時間の自律型連続走行を行えるとのことです。特筆すべきはあくまで目標ですが3,000−5,000mの潜行能力です。Motorola MPC 555を搭載するコントロールシステムに潜行ルートなどをプログラムすることで自律型潜水を行えます。
研究開発チームを率いるANUのUwe Zimmer博士は「Serafinaのような潜水艇が登場することで、水中探査を低価格で効率的に進めるための大きな弾みがつけられる」とコメントした。非常に高価な潜水艇を所有し、海中の未知の世界を探索することは、これまで一般の人々には手の届かない研究プロジェクトとされてきたが、Serafinaの実用化で状況は異なってくるだろうとの見解を、同氏は示している。

調査研究や水中構造物の保守などあまりお金のかけられない分野にとっては喜ばしいニュースです。

1,000ドルだったらちょっと高いオモチャのレベルですよね。コントロールマシンはいくらくらいするんでしょう。

ちょっと面白かったのはBBC NEWSによる次のコメント

The only possible problem with the submarine's size, is that it could possibly be eaten by an aquatic creature.

潜水艦のサイズよる唯一の問題は水中の生物が恐らくそれを食べることができるかもしれないということです。

深海生物vs潜水艦。見事なB級映画です(笑)

<参考>Serafina公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.02

母の強さはホルモンが関係

ふだんはどうか分かりませんが、いざというときはやはり母の方が強いですね。わが家ではいつでも強いですけど(笑)

Yahoo!NEWSより「「母は強し」仕組み解明 恐怖心起こすホルモン 出産で減
」(西日本新聞)

 赤ちゃんが襲われたり、事故に遭ったりした際、母親が自らの危険を顧みずに救おうと行動できるのは、出産後に恐怖心を生じさせるホルモンが少ない状態になるのが一因であることが、米ウィスコンシン大学のスティーブン・ガミー助教授らが行ったマウスの実験で分かった。研究成果は一日発行の米心理学会誌に発表された。

恐怖心をおこすホルモンとされているのは「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRT)」です。ストレスの原因(いわゆるストレッサー)が加わると間脳視床下部からCRTが分泌されます。その結果下垂体での「副腎皮質刺激ホルモン」の分泌が活性化され副腎皮質から「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。これが末梢組織へのエネルギー供給と代謝の促進によるストレス反応系のながれです。

 ガミー助教授らは、子を産んで六日後の母マウスについて、CRHの分量を集団ごとに変えて一日一回、四日連続で投与。その後、母マウスのいるかごから子を出し、代わりになじみのない雄を入れた。CRHをほとんど与えなかった母親は、雄を猛烈に攻撃したが、CRHを多く与えた母親はおびえて全く攻撃せず、少し与えた母親も攻撃回数が減った。出産間もない母親は通常CRHが少ない状態になるとみられる。

出産後はCRHが少ないために恐怖心を感じることが少ないということですね。子を守るという母の行動には科学的裏付けがあったということでしょうか。となれば父親がかなうはずがありません。

そこはひとつ精神力でカバーしましょう(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.01

小用はすわってしよう−男性

食事中の方(いるのかな?)ごめんなさい。

うちの妻はトイレをよごすと激怒です。そんなときは息子(4歳)と罪のなすりつけあい(笑)。

nikkeibp.jpより「便器の奥・手前を狙う家庭はふち裏汚れができやすい、ライオンの研究

ライオンは2004年7月29日、洋式トイレの「ふち裏汚れ」ついて、男性が小用を足す際に立ったままで便器の奥や手前を狙い、また、温水便座や便座カバーを使用している家庭でできやすいことを突き止めたと発表した。

Toilet
はい、たったまま奥や手前をねらっています(笑)。男性ですわったままする人っているんですか? もしかして僕が特殊だったりして。なんせ密室の中、他人がどうやっているか知りません。真ん中をねらったら音がうるさくないですか?

同社は昨年、落としにくい縁汚れの原因が尿の飛び散りが原因でできたリン酸カルシウムに付着した菌が増殖して「尿石」汚れになると発表ずみです。

尿石汚れの成分はリン酸カルシウムなどの無機物が5割、あとは菌が代謝してできたタンパク質です。これが多いほどトイレ特有のニオイが強くなります。これをとるには塩酸などで溶かすしかないようです。つかないようにするのが一番。

男性が小用をするスタイルと狙う位置のアンケート調査を実施し、約8割が「立ったまま用を足す」ことと、その際、狙う位置は「手前」(43%)、「中央」(36%)、「奥」(14%)などであることを調べた。さらに、この結果を基に、着色水を入れた注射型容器でシミュレーションを行い、手前を狙った場合と奥を狙った場合は、中央を狙ったときより、飛び散りが多いことを確認した。

やっぱりみんな立って奥をねらってたんですね(笑)。記事によれば温水便座も菌の増殖を加速させてるようです。

妻に怒られないためにはすわってするしかないんでしょうか(笑)

<参考>LION

| | Comments (0) | TrackBack (1)

理科は役に立たない

Yahoo!NEWSより「「理科は実生活に役立たない」 小6の4割、中3は5割 県教委調べ」(西日本新聞)

 「理科の勉強は実生活では役に立たない」と感じている子どもは小学六年で四割弱、中学三年で五割強に上ることが、福岡県教育委員会の二〇〇三年度学力実態調査で明らかになった。結果を受け、県教委は「日常生活と関連づけて学習することが必要」として八月二十三日から福岡教育大で理科教師を対象とした研修を行う。

文科省も勉強を実用面と関連づけて指導するようにとの改善案を出してますし、各地で勉強への動機付け・興味付けのために勉強内容が日常生活に役立つことを強調しようとしているようです。

調査は昨年11月に中学3年生2800人、今年2月に小学6年生3800人を対象に行われました。

教科ごとに、学習内容が「生活の中で役に立つと感じることがあるか」と尋ねたところ、理科は「ない」「どちらかといえばない」との回答が小六で38・9%。算数(12・8%)、国語(22・9%)、社会(29・8%)を大きく上回った。さらに、同じ質問を中三にしたところ、理科は53・2%が否定的な答えで、国語(33・5%)、英語(34・3%)など主要五教科で最も高かった。

しかし小6レベルの理科で実際に日常生活の役に立つことがあるんでしょうか。基礎知識として教養を深めることにはなれども実際の日常生活に役立つとは思えませんが。

これは中3レベルでも指導要領にしたがっているかぎりかわらないでしょう。生物や地学関係の知識は日常で追体験することはできますがそれが何かの役に立つとは・・・。こじつければあるかもしれませんが。
その知識を深めていけばどんどん日常に近づいていくのは確かです。しかし交流の内容をつっこまない電気の知識などすぐにはやくだちませんね。

しかし遺伝子倫理の問題やエネルギーの問題など善悪二元論で片付けられない問題は増えています。そういった方面への判断力をつける方向に進んでいってほしいなとは思います。遺伝子を扱うのは高校生物ですけど。

 一方、理科を「好き」「どちらかといえば好き」と答えたのは小六で72・1%、中三で69・5%と、いずれも全国平均を上回った。

小学生で72%、中学生で70%が好き。理科離れがさけばれる中ホッとさせられる数字ですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »