« 母の強さはホルモンが関係 | Main | 緑茶でガン予防−ただし女性だけ »

2004.08.03

世界最小の潜水艦 Serafina

子どもの時「海底2万マイル」を読んでから潜水艦にはまりました。プラモデルの潜水艦も作りました。見事に進水式で沈しました(笑)。

PCWEBより「低価格で海中探査!? 世界最小サイズの潜水艇「Serafina」を研究開発

オーストラリア国立大学(ANU: Australian National University)は、世界最小サイズとされるプラスチック製の潜水艇「Serafina」の研究開発を進めている。将来的には複数艇のSerafinaで編隊を組んでの実用化が目指されることになるようだ。

Serafina
1艇あたり1,000ドルで製造されるSerafinaは40×21×14cmのサイズ。最大10時間の自律型連続走行を行えるとのことです。特筆すべきはあくまで目標ですが3,000−5,000mの潜行能力です。Motorola MPC 555を搭載するコントロールシステムに潜行ルートなどをプログラムすることで自律型潜水を行えます。
研究開発チームを率いるANUのUwe Zimmer博士は「Serafinaのような潜水艇が登場することで、水中探査を低価格で効率的に進めるための大きな弾みがつけられる」とコメントした。非常に高価な潜水艇を所有し、海中の未知の世界を探索することは、これまで一般の人々には手の届かない研究プロジェクトとされてきたが、Serafinaの実用化で状況は異なってくるだろうとの見解を、同氏は示している。

調査研究や水中構造物の保守などあまりお金のかけられない分野にとっては喜ばしいニュースです。

1,000ドルだったらちょっと高いオモチャのレベルですよね。コントロールマシンはいくらくらいするんでしょう。

ちょっと面白かったのはBBC NEWSによる次のコメント

The only possible problem with the submarine's size, is that it could possibly be eaten by an aquatic creature.

潜水艦のサイズよる唯一の問題は水中の生物が恐らくそれを食べることができるかもしれないということです。

深海生物vs潜水艦。見事なB級映画です(笑)

<参考>Serafina公式サイト

|

« 母の強さはホルモンが関係 | Main | 緑茶でガン予防−ただし女性だけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1108618

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小の潜水艦 Serafina:

« 母の強さはホルモンが関係 | Main | 緑茶でガン予防−ただし女性だけ »