« 復讐は蜜のように甘い | Main | ニキビ菌のゲノム解読−何になるの? »

2004.07.30

知ってなきゃ恥ずかしいのかな−日本語世論調査

言葉は時代とともに変わっていくものですが、
SankeiWEBより「「げきを飛ばす」誤解7割 文化庁の日本語世論調査

「げきを飛ばす」「姑息(こそく)」「ぶぜん」について、70%前後の人が本来の意味とは異なる意味で理解していることが29日、文化庁の日本語に関する世論調査で分かった。本来の表現ではない「的を得る」「押しも押されぬ」を誤って使っている人も半数を超え、慣用句などの誤用が広がっている。

平安時代は「ありがたし」は有り難し、つまり「めったにない、めずらしい」という意でしたし、「あからさま」という形容動詞は「ほんのしばらく」という意味であったように言葉は時代とともに変わっていきます。辞書もどんどんと新しい意味を載せていこうとはしているようです。

誤用という見方が正しいかどうかは分かりませんが、ここ最近違う意味で使われ出した言葉に関しては日本人としてはせめて本来の意をしって、あえて一般的に流布している意味で使いたいなとは思います。

なんて書いてますが、知らなかったことがいっぱいです(笑)

、「げきを飛ばす」について、本来の「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求めること」とした人は15%にとどまり、「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」が74%に達した。

まったく知りませんでした。広辞苑を引いてみると「考えや主張を広く人々に知らせて同意を求める。また、元気のないものに刺激を与えて活気づける」とあります。そのうち前の文章と後ろの文章はひっくり返るんでしょうね。檄とは昔、中国で人を集めるときに出した木簡文書のことのようです。

「姑息」を本来の意味の「一時しのぎ」と答えたのは13%。70%が「ひきょうな」を選んだ。「ぶぜん」も「腹を立てている様子」が69%に達し「失望してぼんやりとしている様子」という正答は16%。

恥ずかしながらこれも知りませんでした。姑息と憮然はそれぞれ本来の意味しか広辞苑に載ってません。

 「話のさわりを聞かせる」と使う「さわり」は、本来の「話などの要点のこと」は31%。「最初の部分のこと」が59%だった。

かろうじて知ってましたが日常で使うときは後者の意味で使ってます(笑)。これはわざと。さわりは邦楽の聞かせどころの意味です。転じて話の要点。
「物事の肝心な点を確実にとらえること」の意味で使う慣用句を選ばせる設問で、正解の「的を射る」は39%。「的を得る」が54%に達した。「実力があって堂々としていること」を意味する慣用句として「押しも押されもせぬ」を正答したのは37%で「押しも押されぬ」との誤用が51%だった。

これは知ってましたが、どちらもボキャブラリーの引き出しの奥深くにしまわれてるので使うことがありません(笑)

ここは使わずとも本来の意味だけは頭の中にたたきこんで汚名挽回名誉回復といきましょうか。あれっ(笑)

<参考>文化庁

|

« 復讐は蜜のように甘い | Main | ニキビ菌のゲノム解読−何になるの? »

Comments

はじめまして~。
それをいうのなら,「汚名挽回名誉返上」でございましょう(^^)

Posted by: 地蔵菩薩 | 2004.08.05 at 05:45 PM

ハハハ、ぼけるつもりが本気で間違えてます(涙)

ああ恥ずかしや

Posted by: Fum | 2004.08.05 at 06:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1082573

Listed below are links to weblogs that reference 知ってなきゃ恥ずかしいのかな−日本語世論調査:

» 青田刈り、汚名挽回、年配者の方が誤用が多い! [大学への基礎数学-雑記帳]
毎日新聞より「国語世論調査:慣用句は20代以下の方が正しく使う!?」 慣用句の「 [Read More]

Tracked on 2005.07.13 at 01:29 AM

« 復讐は蜜のように甘い | Main | ニキビ菌のゲノム解読−何になるの? »