« 100万人の打ち水大作戦−温度を2度下げよう | Main | おこし太郎で絶対目覚めるぞ! »

2004.07.23

植物プランクトンが雲を作って紫外線を

こんなに小さな体で大きなことをしています。

WIRED NEWSより「雲を作って紫外線対策をする植物プランクトン

 米航空宇宙局(NASA)の地球科学部門から資金提供を受けて行なわれた最新の研究が明らかにしたことだが、この非常に小さな海の生物は、太陽の有害な紫外線がとくに強い日中、雲を形成する化合物を大量に放出する。この化合物は一連の化学的なプロセスを経て大気中に広がり、雲を形成する。そしてこの雲が、太陽からの紫外線を反射し、植物プランクトンを守るのだ。

植物プランクトンが雲の形成に関係しているという説は以前からありました。植物プランクトンが発生するジメチルスルホニオプロピオン酸(DMSP)といわれる物質がバクテリアによって硫化メチルに分解されます。硫化メチルは海水が蒸発するときに一緒に大気中に運ばれ、酸化されて硫酸エアロゾルとして水滴の核となり雲を形成します。ちなみにこの硫化メチルは磯の香りの原因物質です。

今回の研究はこの説を裏付ける一つのデータというところでしょうか。この研究では海水に含まれるDMSPの濃度と紫外線レベルの間に直接的な相関関係があることをあきらかにしました。

このようなプロセスが起こるということは、地球が、紫外線を遮断するオゾン層の減少といった気候変化への対処能力を、これまで考えられていた以上に備えていることを示唆しているのかもしれない。しかしシーゲル博士は、このような評価を下すのは時期尚早だと考えている。この現象がどれほど広範囲に及んでいるか、またこのシステムで紫外線などの自然の力にどの程度まで対処できるかが不明だからだ。

植物プランクトンがこのようなシステムで、自分たちに害をもたらす紫外線を防いでいるということであればこれぞ自然の素晴らしさといったところでしょうね。

目に見えない小さな体で気候を左右する。ミクロがマクロを操作していることに感動を覚えます。

|

« 100万人の打ち水大作戦−温度を2度下げよう | Main | おこし太郎で絶対目覚めるぞ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1030083

Listed below are links to weblogs that reference 植物プランクトンが雲を作って紫外線を:

« 100万人の打ち水大作戦−温度を2度下げよう | Main | おこし太郎で絶対目覚めるぞ! »