« 就職活動も大変 | Main | 大学に行くとマイレージが貯まる »

2004.07.18

世界最小のダイヤモンドリング

ナノテク全盛ですが、小さけりゃいいってものばかりでもないようです。

Yahoo!NEWSより「“世界最小”ダイヤの指輪 10億分の5カラット」(共同通信)

 10億分の5カラットのダイヤモンドを直径0・02ミリのリングにつけた超小型の指輪を、日立ハイテクノロジーズ(東京都港区)が半導体加工技術を使って、17日までに作った。顕微鏡でないと見えず、同社は「世界最小のダイヤの指輪ではないか」としている。
Diamondダイヤモンドの重さの単位のカラットは昔、ギリシャ語でキャラティオンといわれる豆を分銅代わりにして重さを量ったことに由来しています。今は1ct=0.2gです。

10億分の5カラットということは10億分の1g。ダイヤモンドの原子1個の重さがだいたい2×10の-23乗gですから、原子が5×10の13乗個位ですね。はい、全然意味のない計算でした(笑)。

この会社の集束イオンビーム(FBI)加工技術のデモンストレーションとして製作されたもののようです。

まず、細いタングステンの線を輪切りにして穴を開け、リングを作製。直径0・01ミリのダイヤを取り付けて、表面をカットした。
 タングステンの線は電球のフィラメント、ダイヤは研磨用粉末で、材料費はほとんどかかっていないという。

製作時間はなんと2時間。これを結婚指輪代わりに女性にプレゼントしたら・・・。あるのかないのかすら分かりませんね。貴方の愛はこれくらいといわれてフッと飛ばされるかな。

<参考>日立ハイテク

|

« 就職活動も大変 | Main | 大学に行くとマイレージが貯まる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/994740

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小のダイヤモンドリング:

« 就職活動も大変 | Main | 大学に行くとマイレージが貯まる »