« BSE問題がなしくずしの対応になる前に | Main | ツチノコ発見か? »

2004.07.02

血液を燃料電池の電極にかえる?

なかなかショッキングな見出しでした。B級ホラーかと思った(笑)。

Yahoo!NEWSより「血液を原料に電極製造 燃料電池用に大阪市工研」(共同通信)

血液中に含まれるタンパク質を炭化させて燃料電池の電極を製造する方法を大阪市立工業研究所が開発、1日発表した。
 開発したのはプラスの電極用だけだが、現在主に使われている白金に比べ費用は10分の1になるといい、食肉加工場で不要となった牛などの血液を再利用できれば、燃料電池の低コスト化につながるとしている。

燃料電池はどんどん小型化し、実用化されているものも多くなってきました。しかし一番の問題は価格です。特に電極に使われている白金や触媒のコストです。

白金は埋蔵量も限られているため、車載用燃料電池として使用した場合現在の自動車保有台数の4分の1程度の分量しかありません。

 同研究所は血液中のヘモグロビンなど鉄分を含むタンパク質を約800度で焼いて活性炭にすると、化学反応する際の触媒の役目を果たし、プラスの電極に使えることを見つけた。性質上、マイナスの電極には使えない。

別に人間の血液を使うわけではありません(笑)。食肉加工場などで捨てられているものを蒸し焼きにすれば電極としてつかえるようです。

しかし、よくこんな発想しましたね(笑)。

<参考>大阪市立工業研究所

|

« BSE問題がなしくずしの対応になる前に | Main | ツチノコ発見か? »

Comments

どうもはじめまして。

ほんとよく思いつきましたよね。
焼肉屋で肉を焦がして思いついた、とか
そんなエピソードがあったらおもしろいなあと思いました。

Posted by: よっしい | 2004.07.02 at 02:21 PM

よっしいさんはじめまして。

焼き肉屋だったらほんとに面白い(笑)。
いろんな発想がどうしてでてきたかなんて考え得るとワクワクしますね。

Posted by: Fum | 2004.07.03 at 01:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/884168

Listed below are links to weblogs that reference 血液を燃料電池の電極にかえる?:

« BSE問題がなしくずしの対応になる前に | Main | ツチノコ発見か? »