« 建て替え間近のマンション44万戸 | Main | google 謎の人材募集広告 »

2004.07.12

「おばあちゃん効果」で人類進化

僕が幼い頃、両親は共働きだったのでおばあちゃんに育ててもらったようなものです。

CNNより「人類進化のカギは「おばあちゃん効果」 米研究

 人類の長い歴史の中で、約3万年前に年配者の割合が飛躍的に伸び、これが進化のカギになったとする説を、米人類学者らがこのほど発表した。子育てを終えた「祖父母」らが、子孫の繁栄に大きな役割を果たしたと考えられる。

調査したのはミシガン大のレイチェル・キャスバリ氏ら。アウストラロピテクスからクロマニヨン人まで768個の化石を観察し臼歯の摩耗状態から年齢を推測しました。15歳から30歳までの「親」世代と30歳以上の「祖父母世代」に分類した結果、祖父母世代の数が3万年前の後期旧石器時代に一気に5倍に達したとのことです。またこの時代に文化が発達しています。

。「ちょうどこの時期に、芸術や埋葬文化が発達している。同時に、弱者や年配者を尊重する文化も生まれたはずだ」と、同氏は説明する。長寿によって生殖年齢が延びただけでなく、年配者が経験を生かし、生存競争に貢献することで、人類はますます繁栄したとみられる。

当時は乳幼児死亡率が高かったため平均寿命は30歳以下になりますが、少し時代が下って日本の縄文人の場合15歳にたっした後の平均余命(15歳まで生きた人があと何年生きられるか)は16−20年と推定されています。つまり30−35歳くらいが高齢者の死亡年齢ということになります。旧石器時代ではもっと余命が短くなるでしょう。

要は高齢者が増えれば知識や経験の伝達がスムーズになり繁栄をもたらす。キャスバリ氏はこれを「grandmother hypothesis」(おばあちゃん仮説)と呼んでいます。

おじいちゃんはどうしたんでしょう(笑)。日本人の平均寿命は男性が78.3歳、女性が85.2歳ですが当時から女性のほうが長生きだったのでしょうか。当時だと僕も最長老だ(笑)。

これからますます高齢化社会にむかいます。若者より高齢者が多くなる状況でこれらの時代とはまた違った高齢者の社会でのポジションを考えないといけませんね。

<参考>SCIENTIFIC AMERICAN.com

|

« 建て替え間近のマンション44万戸 | Main | google 謎の人材募集広告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/950784

Listed below are links to weblogs that reference 「おばあちゃん効果」で人類進化:

« 建て替え間近のマンション44万戸 | Main | google 謎の人材募集広告 »