« 老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった | Main | ロボットスーツいよいよ発売 »

2004.07.07

線路も道路も走れます

Yahoo!NEWSより「線路も道路もお任せ JRが両用車を試験運転」(共同通信)

 JR北海道は7日、線路と道路の両方を走る旅客車両として開発中の「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の走行試験を、学園都市線・石狩月形−晩生内間で行い、一般に公開する。
 往路は線路、復路は道路を走り、安全性や乗り心地を確認するのが目的。8月末まで実施し、3年後の実用化を目指す。

DMV
2000年からJR北海道が開発していたデュアル・モード・ビーグル(DMV)の走行試験がいよいよ始まりました。

DMVは鉄輪で線路上を走り道路上ではゴムタイヤを使用して走ります。道路と線路の相互乗り入れを行うインターチェンジでは10−15秒でタイヤと鉄輪の切り替えが完了。線路と道路の両方を時速60kmで走行できます。

運行システムには信号の代わりにGPSを使う予定。

 JR北海道は、DMVを富良野などの観光地周遊や、学校や病院の入り口への直接乗り入れに使うことを検討中。過疎地域のローカル線の切り札と考えている。車両の改造にかかる費用は鉄道車両の8分の1程度の約1500万円で、実用化できれば大幅なコスト削減にもなる。

マイクロバスを改造したため、運転席にはハンドルがありアクセルとブレーキで運転操作を行うとのこと。

北海道は鉄道のニーズが高いですが面積に比べて鉄道の密度が低いため、過疎地域のローカル線を廃止せずに残すにはいいプランかもしれません。歩かなくても学校や病院まで乗り入れできれば、子どもやお年寄りにとっては役立ちそうですね。

<参考>JR北海道

|

« 老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった | Main | ロボットスーツいよいよ発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/918258

Listed below are links to weblogs that reference 線路も道路も走れます:

» 可愛くてユニークな乗り物♪ [Airaのおもしろ雑学]
■道路とレールを走れます♪JR北海道(本社札幌市)が開発した「デュアル・モード・ビークル(DMV)」は、バスと列車の1台2役を果たすユニークな乗り物です。しかも... [Read More]

Tracked on 2004.10.12 at 12:35 PM

« 老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった | Main | ロボットスーツいよいよ発売 »