« 漫画家たちが続々と大学教授に | Main | 線路も道路も走れます »

2004.07.07

老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった

YomiuriONLineより「老年性アルツハイマー、原因は遺伝子変異…米大チーム

アルツハイマー病の大半を占める「老年性アルツハイマー病」の原因と見られる遺伝子の変異を、米カリフォルニア大とコーネル大の研究チームが発見し、5日の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

これまでアルツハイマーの原因となる遺伝子変異はいくつか報告されていますが、患者の9割をしめる老年性のものでなく家族性のものでした。

 この変異は「T414G」と呼ばれ、ミトコンドリア遺伝子の414番目の部分に、遺伝暗号の置き換えが起きている。これまでも老化との関連が指摘されていた。

T414Gとは細胞内の呼吸をつかさどる器官ミトコンドリアの遺伝子の414番目がTからGに変わる変異のことです。老化に伴っておこるともいわれ、珍しいものではありません。65歳以上では14例中8例に見られたという報告もあります。

研究チームはまだ断定してはいませんが、呼吸によりエネルギーを生産する器官ですから、代謝機能に影響を与え脳細胞を破壊することは十分に考えられます。

この研究がすぐにアルツハイマーの治療に役立つわけではないでしょうが、高齢化社会が加速する今、若い人たちの負担を減らし明るい高齢化社会(?)をつくる上でもアルツハイマーの研究は進めてほしいものです。

<参考>Asahi.com「脳の神経細胞が「窒息状態」 アルツハイマー仕組み解明」・「アルツハイマーの原因物質、研究員らが発見」・AllAboutJapan「糖尿病者はアルツハイマーに?

|

« 漫画家たちが続々と大学教授に | Main | 線路も道路も走れます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/915815

Listed below are links to weblogs that reference 老年性アルツハイマーの原因遺伝子変異がわかった:

» アルツハイマー病になるかがMRIで分かる [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「アルツハイマー病の原因物質のMRI観察に成功 理化研」 [Read More]

Tracked on 2005.03.15 at 01:28 AM

» 歯周病がアルツハイマーの原因になる [大学への基礎数学-雑記帳]
BioTodayより「歯周病はアルツハイマー病のもと」 一方がアルツハイマー病ま [Read More]

Tracked on 2005.06.23 at 01:52 AM

« 漫画家たちが続々と大学教授に | Main | 線路も道路も走れます »