« 月曜日は脳卒中に注意 | Main | 娘(4歳)、おかあさんといっしょに出演? »

2004.06.30

今回もがんばりました。カタカナ言葉言い換え案−国立国語研究所

YomiuriONLINEより「データベース、オンラインなど外来語言い換え断念

 外来語(カタカナ語)の言い換えを提案している国立国語研究所(甲斐睦朗所長)は29日、第3弾となる外来語33語の言い換え案の中間発表に合わせ、昨年から言い換えを検討してきた「オンライン」など4語について、「将来、定着が予測される」などとして、言い換えを断念したことを明らかにした。

国立国語研究所は外来語の効用については認めていますが、外来語の氾濫により支障が生じることを防ぐために、外来語の日本語による言い換え案を提示しています。

今回はその第3弾。意地でも言い換えてきた外来語にもとうとう日本語への言い換えが不適当と見なされる言葉がでてきました。いままでも言い換えも強引かなと思えるものもありましたが(笑)。

今回、言い換えを断念したのは「オンライン」「データベース」「フォーラム」の3語です。また、「メセナ」は「文化支援」と言い換えるつもりでしたが企業サイドからのクレームで断念。「ユビキタス」は「自在空間」という言い換えがしっくりこないため継続して見当することになった模様。自在空間はちょっと・・・(笑)。

その他に今回提案されたのは

アカウンタビリティ(説明責任)、イニシアチブ(主導・発議)、カウンターパート(対応相手)、ガバナンス(統治)、コンファレンス(会議)、コンプライアンス(法令遵守)、サプライドサイド(供給側)、スキル(技能)、スタンス(立場)、ステレオタイプ(紋切り型)、セーフガード(緊急輸入制限)、セットバック(壁面後退)、ソリューション(問題解決)、ツール(道具)、デジタルデバイド(情報格差)、デフォルト(債務不履行・初期設定)、ドクトリン(原則)、ドメスティックバイオレンス(配偶者間暴力)、ハザードマップ(災害予測地図防災地図)、パブリックインボルブメント(住民参画)、パブリックコメント(意見公募)、プライオリティ(優先順位)、ブレークスルー(突破)、プレゼンス(存在感)、フロンティア(新分野)、ポートフォリオ(資産構成・作品集)、ボトルネック(支障)、マンパワー(人的資源)、ミッション(使節団・使命)、モビリティー(移動性)、ユニバーサルデザイン(万人向け設定)、リテラシー(読み書き能力・活用能力)、ロードプライシング(通行課金)

以上33語。今回はあまり変なのはありませんね(笑)。こんな言葉知らないよというマイナー言葉が入ってますけど。セットバックなんか使ったことありません。

今までは、これちょっとなという言葉もありました。例えば、

アイドリングストップ(停車エンジン停止)、オピニオンリーダー(世論形成者)、デイサービス(日帰り介護)、ノンステップバス(無段差バス)、バリアフリー(障壁なし)、ライフライン(生活線)、スクーリング(登校授業)

この言い換えはもともと高齢者などが分かりやすいようにと考えられたはずですが、うちのばあちゃんでもデイサービス知ってます(笑)。むしろ今日は日帰り介護だねなんていうとキョトンとするでしょう。

バリアフリーの家ならいいけど障壁なしの家なんていうと泥棒も入りやすそう(笑)。

<参考>国立国語研究所

|

« 月曜日は脳卒中に注意 | Main | 娘(4歳)、おかあさんといっしょに出演? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/869338

Listed below are links to weblogs that reference 今回もがんばりました。カタカナ言葉言い換え案−国立国語研究所:

« 月曜日は脳卒中に注意 | Main | 娘(4歳)、おかあさんといっしょに出演? »