« ナノ粒子によるガン発見 | Main | Microsoft 皮膚を通じてデータのやりとりをする特許 »

2004.06.25

「男は鈍感」を実証

娘(4歳)と息子(3歳)は毎日取っ組み合いのけんかを繰り返してます。で、「痛いぃ」と泣くのは息子(3歳)。男の方が痛みに弱いのかと思ってました。

NatureJapnより「「男は鈍感」を実証

男性は女性よりも鈍感である。少なくとも痛みに関しては。米国とベルギーの研究者たちは、男性ホルモンのテストステロンが痛みを鈍らせることを発見した。男性が闘いにのぞんでいるときなど、テストステロンのレベルが高いとき、痛みを鈍らせる効果が気力の維持に役立っているのかもしれないと研究者たちは考えている。

オスのスズメにテストステロンを与えて痛みに対する反応時間を測定したところ、テストステロンの投与により痛みに長時間耐えることができるようになったそうです。理由は分かりませんがテストステロンが痛みを鈍らせる可能性があります。

実験は少々あらっぽくて、スズメの足を熱湯につけどれくらいで足を引っ込めるかを調べた模様。某TVの熱湯コマーシャルを思い出してしまいました(笑)。

テストステロンを投与されたスズメは、投与されていないスズメよりも3 倍長い時間、脚を湯の中につけたままにしていた。

テストステロンを阻害する薬を与えると反応時間が半分になったそうです。

痛みを感じる構造は人間とスズメで同じなのでしょうか。もし同じだとすれば鎮痛剤などに応用がききますね。

だから僕は妻に虐げられても我慢できるのかぁ(笑)。

|

« ナノ粒子によるガン発見 | Main | Microsoft 皮膚を通じてデータのやりとりをする特許 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/835254

Listed below are links to weblogs that reference 「男は鈍感」を実証:

» 『シンメトリーな男』/テストステロン [0 1/2 ]
fluctuating asymmetry    文庫本はこちら『 [Read More]

Tracked on 2004.09.23 at 11:28 PM

» 『シンメトリーな男』/テストステロン [0 1/2 ]
fluctuating asymmetry    文庫本はこちら『 [Read More]

Tracked on 2004.09.23 at 11:29 PM

» 痛みに強いのはやはり女性より男性だった! [大学への基礎数学-雑記帳]
UKTodayより「「痛み」に弱いのは、実は男性より女性!」 女性は出産の痛みに [Read More]

Tracked on 2005.07.07 at 01:40 AM

« ナノ粒子によるガン発見 | Main | Microsoft 皮膚を通じてデータのやりとりをする特許 »