« パンダの性教育ビデオ | Main | 男の浮気はホルモンが原因 »

2004.06.18

お札にはすごい技術がいっぱい

お札がかわるととても違和感を感じます。これって子ども銀行券じゃないの?という不信感がメラメラと(笑)。慣れるまでに時間がかかります。

Asahi.comより「新5千円札がお目見え、樋口一葉の表情がくっきりと

 谷垣財務相は17日、明治の小説家、樋口一葉の肖像を採用した新5千円札の新デザインを発表した。02年8月に一度発表していたが、肖像の細部や色の具合の調整に手間取り、印刷開始が遅れていた。

あいかわらずすごいとしかいいようのない原版の作成技術です。それよりもすごいのは取り入れられた各種の偽造防止技術でしょう。

カラーコピー機などによる偽造防止技術として、光の角度によって模様が変わる「ホログラム」や、傾けるとピンク色の模様が浮き出るなどの最新技術を採り入れた。新千円札は野口英世、新1万円札は福沢諭吉のままデザインを変更する。紙幣のデザイン変更は20年ぶり。

取り入れられた防止技術をみると

ホログラム・・・角度を変えると色や模様がキラキラ変化するクレジットカードなんかにあるやつですね
すき入れパターン・・・光にすかすと何本かの縦棒が見える。従来のすかしを精巧にしたもの
潜在模様・・・お札を傾けると文字が浮かび上がる
パールインキ・・・お札を傾けるとピンク色の半透明の模様が浮かび上がる
潜在パール模様・・・角度を変えるとパール印刷の文字と潜在模様の文字がそれぞれ。合わせ技一本
その他、特殊発行インキ、深凹版印刷、識別マーク、マイクロ文字なんかが取り入れられています。

このうちいくつかはすでに二千円札に用いられてるとにことですが、あれってあまり見たことないからなぁ(笑)。

娘(4歳)と息子(3歳)がお札をそれと分からずに破いたりしないようにしなきゃ(笑)

お札の技術については日本銀行のサイトに詳しく解説してあります。

|

« パンダの性教育ビデオ | Main | 男の浮気はホルモンが原因 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/790426

Listed below are links to weblogs that reference お札にはすごい技術がいっぱい:

« パンダの性教育ビデオ | Main | 男の浮気はホルモンが原因 »