« 電気を消してスローな夜を | Main | 子どもについていってない教育 »

2004.06.16

大地震の前触れ?

古くからの言い伝えはあながち間違っているとは言えないものですが、

Yahoo!NEWSより「海底の環境変化!?  深海魚の「サケガシラ」 県北に打ち上げ相次ぐ」(西日本新聞)

 福岡市東区奈多から同県津屋崎町の海岸で十三日から十四日にかけて、深海魚「リュウグウノツカイ」の近縁種「サケガシラ」が相次いで発見されている。夏場に、しかも広範囲で同時期に打ち上げられる例は極めて珍しく、水族館マリンワールド海の中道(福岡市東区)は「海底で何らかの環境変化が起こった可能性もある」と話している。

なんと2日間で10匹も発見されたようです。サケガシラは水深200m程度に生息していて冷水を好む魚であるため、定置網にかかったり冬に海岸に打ち上げられることはあるようですがこの時期にこれだけ多量に打ち上げられるのはきわめて珍しいことだそうです。

サケガシラの近縁種であるリュウグウノツカイが見つかると大地震の前触れというのが昔から言われていますが、何か海底の地殻に変動があったのでしょうか。

地震がこないことを祈りましょう。まぁ十分条件じゃないのは明らかですけど。必要条件でもないか。

サケガシラの写真はこちら(斜里町知床博物館)にあります。

でも、なんでこのグロテスクな魚をサケガシラっていうんだろう。てっきり鮭の頭と似てるのかと思ってしまった。ちなみに食べても美味しくないそうです(笑)。

|

« 電気を消してスローな夜を | Main | 子どもについていってない教育 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/778807

Listed below are links to weblogs that reference 大地震の前触れ?:

« 電気を消してスローな夜を | Main | 子どもについていってない教育 »