« 明日はいいことがあると思わない子どもたち | Main | 壮大 上海に打ち水 »

2004.06.14

チンパンジー絶滅へのカウントダウン

人間とどれくらい近いのかよく分からなくなってますが、

CNNより「チンパンジーに「予想上回る」危機 50年後に絶滅か

遺伝学上人間に最も近い「親類」とされるチンパンジーが、予想を上回る絶滅の危機にひんしているとの研究結果を、アフリカの保護団体がこのほど発表した。乱獲や森林破壊がこのまま続けば、約50年で地球上から姿を消してしまう恐れがあるという。

きっちりとした統計ではないようですが、チンパンジーはもともと絶滅危惧種に定められているため不思議ではありません。ただ、予想を上回るスピードで絶滅に向かっているということのようです。

4種類に分類されるチンパンジーのうち、最も厳しい状況にある「ナイジェリアチンパンジー」は、現在8000匹しか残っていないと推定され、今後17−23年の間に絶滅する可能性が高い。そのほかの種類も、このまま減少が続けば41−53年後には姿を消す見通しだという。

調べたのは全アフリカ保護施設連合(PASA)。PASAの保護施設に運び込まれるチンパンジーの数からの推計です。

チンパンジーの生息地は主にアフリカの赤道付近の熱帯雨林やサバンナですから道路建設などで生息域が破壊されていることが問題でしょう。

減少の主な原因は、食肉用の狩猟や生息地の自然破壊、伝染病などと考えられる。

食用って...食用にしている人たちもいたんだ(驚)。

<参考>チンパンジーの世界

|

« 明日はいいことがあると思わない子どもたち | Main | 壮大 上海に打ち水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/766965

Listed below are links to weblogs that reference チンパンジー絶滅へのカウントダウン:

» チンパンジー絶滅の危機 [まるで日記のように]
チンパンジーに「予想上回る」危機 50年後に絶滅か ヨハネスブルク(ロイター) 遺伝学上人間に最も近い「親類」とされるチンパンジーが、予想を上回る絶滅の危機にひ... [Read More]

Tracked on 2004.06.15 at 11:32 PM

» 「他者に共感する能力」チンパンジーもあくび伝染? [俺のblogが面白くないって、本当?]
あくびが伝染するのは人間だけだと思ってました。 私は、人のあくびがうつりやすいのですが、他者に共感する能力が高いと考えて良いのでしょうか? [Read More]

Tracked on 2004.07.24 at 04:50 PM

« 明日はいいことがあると思わない子どもたち | Main | 壮大 上海に打ち水 »