« ニュートリノに質量確実−ノーベル賞ねらえるかも | Main | プール熱がはやりそう »

2004.06.13

フタバスズキリュウに本名ができる

日本で一番有名な爬虫類の化石はフタバスズキリュウでしょう。

YomiuriONLINEより「“名なし”フタバスズキリュウ、36年ぶり学名決定へ

 福島県いわき市で1968年に発見され、「化石発掘ブーム」の火つけ役となったフタバスズキリュウの学名が、発見から36年を経て、ようやく決まりそうだ。

日本では恐竜など大型爬虫類の化石は出ないという定説を覆したのがフタバスズキリュウの化石の発見でしたが、正式な学名がついていないとは思いませんでした。フタバスズキリュウというのは和名いわゆる通称だったようです。

福島県いわき市で発見されたフタバスズキリュウは首長竜で恐竜とはいえませんが、亀のような胴体に長い首をもつ全長7m程度の爬虫類です。発掘されたのは長い首をのぞくほぼ全身の化石。同時にサメの歯も発見されたことから、おそらく壮絶な死闘があったのではないかと推測されています。

 新しく発見された生物の学名は、鑑定にかかわった研究者が、生態などの研究成果を論文として発表する際、学術用語であるラテン語で名付け、初めて国際的な認知を得る。

いままで論文が発表できなかったようですがようやく論文発表、学名をつけられる運びとのことです。

ちなみにフタバスズキリュウが発掘された大久川では鉄腕DASHという番組でTOKIOが化石発掘にチャレンジしていました。

また、ドラえもん「のび太の恐竜」に出てくるピー助はフタバスズキリュウらしいです(笑)。

フタバスズキリュウの復元模型はいわき市石炭化石館にあります。

|

« ニュートリノに質量確実−ノーベル賞ねらえるかも | Main | プール熱がはやりそう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/758959

Listed below are links to weblogs that reference フタバスズキリュウに本名ができる:

« ニュートリノに質量確実−ノーベル賞ねらえるかも | Main | プール熱がはやりそう »