« 台風情報ウェブログ | Main | 犬の知能レベルは息子(3歳)より高いか »

2004.06.11

呪いの人形が出土

魔界都市京都などといわれますが、

Asahi.comより「平安京跡から男女の木製人形出土 まじないに使用か

 京都市右京区西院西溝崎町の平安京跡の井戸の中から、男女の木製人形(ひとがた)が出土したと、同市埋蔵文化財研究所が10日、発表した。平安時代前期の9世紀初めのもので、近くで見つかった男の人形の腕の形から、両腕を背中へ回していたと考えられている。同研究所は「腕を縛る姿を表現し、男女の離別を望む呪詛(じゅそ)に使われたとみられ、当時の男女間の風俗がうかがわれる興味深い資料」と説明している。

後ろ手に縛ったような人形で人の怨念を感じます。男女1対というところが今も昔も怨念の宿るところは変わらないなと・・・。

井戸といっても井戸趾のようなところで実際に水があったわけではなさそうですが、深さ2メートルのところに仰向けにならんで埋まっていたとのこと。男は「葛井福万呂」、女は「檜前阿古□□」と名前が書かれていたそうです。

この手のことを行う場所として古くは和泉式部の時代から京都では貴船神社が有名で、今でも奥の絵馬には「呪い殺して下さい」だの「別れさせて下さい」だの不穏な言葉が書かれたものがあります。丑の刻参りもいまだにみられるとの話も・・・。

品行方正にしておきましょう(笑)。

この人形は京都市考古資料館で展示されています(27日まで)。

|

« 台風情報ウェブログ | Main | 犬の知能レベルは息子(3歳)より高いか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/749269

Listed below are links to weblogs that reference 呪いの人形が出土:

« 台風情報ウェブログ | Main | 犬の知能レベルは息子(3歳)より高いか »