« ことばの重み | Main | リーマン予想が証明された! もしかして100万ドル? »

2004.06.10

出生率とうとう1.3をわっちゃいました

うちの町内には70人の子どもたちがいて歓声が響き渡っています。やはり子どもたちの声があると町が活気づくようですが、

Yahoo!NEWSより「出生率初めて1・3割る 少子化が急加速」(共同通信)

 厚生労働省の2003年人口動態統計で、1人の女性が一生の間に産む子供の平均数を示す「合計特殊出生率」が初めて1・3を下回り、1・29となることが10日、分かった。厚労省が近く確定値を公表する。
 1・32だった02年から大幅に低下し、少子化が予想を上回るスピードで進行していることを示した。

合計特殊出生率が2.08を下回れば人口は減少に向かうといわれています。とうとう1.29という過去最低の数字となりました。世界的にみてもイタリアやドイツとともに最低ラインの数字です(ちなみに米国は2000年で2.13)。

ただ一人っ子が増えたというわけでもなさそうで原因は未婚・晩婚化によるものが大きいんではないでしょうか。

年金などの社会保障制度は合計特殊出生率を基本に設計しており、影響は必至。今回の年金制度改革で政府与党は「現役世代の手取り年収の50%の給付水準維持」を約束したが、このままの勢いで少子化が進めば実現は困難な状況になる。

社会保障・教育・労働環境など見直しは必至ですね。

でも、わが家であと一人といわれても苦しいなぁ。ちびっ子ギャングは今のところ2人で手一杯(笑)。

少子化のデータについては国立社会保障・人口問題研究所に詳しく書かれています。

|

« ことばの重み | Main | リーマン予想が証明された! もしかして100万ドル? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/743961

Listed below are links to weblogs that reference 出生率とうとう1.3をわっちゃいました:

« ことばの重み | Main | リーマン予想が証明された! もしかして100万ドル? »