« 米国では成人の3分の2が肥満? | Main | 小太りがちょうどいい »

2004.05.29

人名漢字追加

 子どもの名前をつけるときに、その漢字が使えるかどうかで結構悩んだ。出したあとに区役所から職場に電話がかかってきたときは「あちゃー、使えなかったかな」と思ったくらい。結局違うことの確認だったんですが。

Yahoo!NEWSより「人名漢字580字追加へ 「苺」など今秋に使用可」(共同通信)

  法相の諮問機関である法制審議会の人名用漢字部会は28日、人名に使用できる漢字を2231字から580字増やし、計2811字に拡大する答申の原案を固めた。
 同部会は6月中にインターネットなどで内容を公開。9月の法制審総会で正式決定し、法相に答申する。法務省は戸籍法施行規則(省令)を今秋に改正、新たな字が使えるようになる見通し。人名用漢字は過去約50年で約400字しか追加されておらず、初の抜本改正となる。

 
 人名漢字ってほんとに少ないです。漢和辞典などが収録している漢字の数は1万〜数万ありますし、僕がTeXで人名漢字を出力するのに使っている今昔文字鏡は9万字、超漢字にいたっては17万字くらいですか。

 それに対して人名漢字は2231字。使えない字が多すぎますね。

原案によると、新たに加えられる主な字は「撫」「舵」「梗」「燕」「匂」「雫」「琥」「珀」「鷲」など。

 使えない漢字が多いから、当て字が多いんでしょうか。うちの生徒でもそうですし子どもの幼稚園の友達なんかもそうですがはっきりいって「読めません!」。中にはこの名前のおばちゃんやおばあちゃんはちょっとな・・・というような名前も(笑)。

 ふつうに読める漢字でも全く意表をついた読み方をする子もいますし、生徒の場合はくどいほど最初に確認します。子どもの幼稚園の友達は、音で覚えているので漢字を見ると面食らってしまうこともしばしば。

 僕の名前もまあ読みにくい部類でしょうか。だから自分の子どもの名前をつけるときには読める名前にこだわりました。

 でもうちの父親も「知之」と書いて「ひろゆき」と読みます(読めるか! 笑)。

 参考までに「男の子の名前データベース」・「女の子の名前データベース」・「人名に使える漢字一覧」です。

追記(6/11)
現在法務省のサイトで追加された人名漢字の一覧を公開し、パブリックコメントを募集しています(7月9日まで)。


|

« 米国では成人の3分の2が肥満? | Main | 小太りがちょうどいい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/674194

Listed below are links to weblogs that reference 人名漢字追加:

» 人名漢字案に批判集中−社会から信用されない親 [大学への基礎数学-雑記帳]
人名漢字の追加案ですが、法務省のサイトで6/11から7/9までパブリックコメント [Read More]

Tracked on 2004.07.09 at 09:49 AM

« 米国では成人の3分の2が肥満? | Main | 小太りがちょうどいい »