« ヒトとチンパンジーの大きな違い | Main | 触覚コンタクト »

2004.05.27

カバの赤い汗

 カバの汗が赤色なのはよくいわれてたので知ってましたが、動物園にいったときに見てみようと思ってもカバさんたちはいつも水の中。ちゃんと観察できたことはありません。

Asahi.comより「カバの汗に日焼け止め効果 京都薬科大などが分析
 

カバがかく赤い「汗」に日焼け止め効果があった――。京都薬科大と慶応大のチームが、カバの汗に含まれる色素に紫外線を吸収する働きがあることを見つけた。ほかに抗菌作用もうかがえた。汗は乾燥を防ぐためだけでなく、皮膚を守る様々な役割を担っているようだ。

  抽出できた色素は赤とオレンジの2種類。様々な波長の光をあてて調べたところ、人では日焼けして皮膚がんの原因になったり、シワなどを招いたりする紫外線を吸収することがわかった。

 カバの皮膚は薄く、陸上に上がって乾燥するとすぐにひび割れてしまう。汗には、こうした傷を化膿(かのう)させる細菌などを抑える抗生物質のような働きもみられた。

 紫外線を吸収するんですか。カバの汗は正確には汗じゃなく粘液のようなものだそうでこれはもしかすると「カバの汗から作りました、日焼け止め薬」なんていうのが発売される・・・わけはないか(笑)。

 カバといえば、彼らは陸上では時速50kmくらいのスピードで走れるそうです。あの体からは想像もつきません。でもカバは草食動物なのになんであんなに口が大きいのでしょうか。

|

« ヒトとチンパンジーの大きな違い | Main | 触覚コンタクト »

Comments

 そ、そうなんですか…なんだか、ガマの油みたいな話ですね。カバさんが赤い汗をかき(そういえば、「血の汗ながぁ〜せ〜♪ 涙ぉおふくぅ〜な〜♪」という歌がありましたね)、時速50kmで走るなんて、恥ずかしながら初めて知りました。これからは、正しいカバのイメージを抱いて生きてゆきます(笑)。

Posted by: ebony | 2004.05.27 at 12:31 PM

 カバ様をバカにしてはいけません(くだらなさすぎ)。星飛雄馬もあれはきっと紫外線対策だったんでしょう(笑)。

Posted by: Fum | 2004.05.27 at 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/662605

Listed below are links to weblogs that reference カバの赤い汗:

» カバの逃避行 [大学への基礎数学-雑記帳]
そろそろ年末、大掃除です。妻には「カバみたいにごろごろするな!」と怒られる季節な [Read More]

Tracked on 2004.12.14 at 01:24 AM

« ヒトとチンパンジーの大きな違い | Main | 触覚コンタクト »