« 記念日や誕生日を忘れたときのいいわけ? | Main | 携帯電話とクルマ »

2004.05.24

金メダルの遺伝子

いつかこういう案が出るとは思っていたけど、

Yahoo!NEWSより「金メダリストの“卵”発掘へ、一流選手の遺伝子分析

 国立スポーツ科学センター(東京・北区)が、一流スポーツ選手に共通する遺伝子の探索に乗り出す。才能豊かな金メダリストの卵の発掘に生かすのがねらい。文部科学省や日本オリンピック委員会(JOC)にも協力を求める。

 トップ選手の運動能力や筋肉量には、努力のほかに、生まれつき備わった「素質」が関係していると考えられている。この素質の実体を遺伝子レベルで明らかにしようという試みだ。プライバシー侵害や差別につながる懸念もあるため、倫理面での対応も検討しながら進める。

 計画の柱は、〈1〉運動能力とかかわりの深い遺伝子配列(遺伝子多型という)の発見〈2〉日本人金メダリストの遺伝子データベースの構築――の2つ。

 スポーツに素質が関係あるのはあきらかで、ならば遺伝子を調べようとなるのは当然の帰結でしょう。記事によれば、センターが競技団体に対してアンケートを実施したところ「導入すべき」という意見が7割をこえたとのこと。

 競技団体にアンケートをとればそうなるでしょう。勝つことが全てだから。

 国立スポーツ科学センターのサイトには、「我が国の国際競技力向上のためにスポーツ医学・科学・情報の拠点としてトップアスリートをサポートします」とのフレーズが。

 世界で戦うにはここまでしなければいけないのかと思うと、ちょっと違うような気が。
 なんでもかんでも遺伝子なんでしょうか。きっと僕が結婚記念日忘れるのも遺伝子なんだ(笑)

|

« 記念日や誕生日を忘れたときのいいわけ? | Main | 携帯電話とクルマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/648852

Listed below are links to weblogs that reference 金メダルの遺伝子:

» 金メダリストの“卵”発掘へ、一流選手の遺伝子分析 [或る荒川区民のつぶやき]
なかなか 背筋の寒くなる話ですね。 男女産み分けは、 ある意味では男尊女卑の文化がある時代においては有効だと思うんですけど、これは怖いなぁ。 ... [Read More]

Tracked on 2004.05.25 at 05:19 PM

« 記念日や誕生日を忘れたときのいいわけ? | Main | 携帯電話とクルマ »