« いい天気です。仕事してるのがもったいない。 | Main | 公園遊具の撤去 »

2004.04.06

働く姿を子どもは知らない

 高校生が新しく入ってきたときに面談をする。そこで必ずお父さんやお母さんはどんな仕事をしてるの?と聞くのだが、答えられない生徒が多い。「会社に行ってる」「よく知らない」「なんか家で仕事してる」

 で、そういう生徒たちは自分の進路でも迷うことが多い。「何がしたいかって言われても別にこれといって興味あることが見つからない」と言う。「みんな目標を決めろっていうけどわからへんもん」「けどサラリーマンにはなりたくない。サラリーマンてなんか机に向かって仕事してるだけやもん」

 自分の進路を決めようにも仕事に関する情報はなかなか彼らのもとには集まってこない。自分から積極的に動いている生徒は別だが、大多数の生徒はそんなことはしない。

 今、書店で「13歳のハローワーク」(村上龍著)が売れているが、彼らにこの本を与えるとむさぼるように読んでいる。結局、彼らも情報はほしいが誰も与えてくれないので困っていたのだ。

 じゃあ、そんな彼らに情報を与えられるのは誰かというと、もう家族しかいないのではないか。父や母が自分の働いている仕事、自分の周りの人の仕事を語って聞かせるしかないと思う。働く姿を見て子は理解してくれていると思っている父親は多いけれど、今の子どもたちは朝早く家を出て、夜遅く帰ってくる父の姿など見てやしない。

 だから父親は「何をしてるか分からない」ということになる。男は黙って・・・の時代ではない。

 自分をも戒めているのだけど、もっともっと父親や母親の昼間の様子を子どもたちに語って聞かせる必要があるのじゃないだろうか。

|

« いい天気です。仕事してるのがもったいない。 | Main | 公園遊具の撤去 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/405587

Listed below are links to weblogs that reference 働く姿を子どもは知らない:

« いい天気です。仕事してるのがもったいない。 | Main | 公園遊具の撤去 »