« サラリーマン川柳 | Main | 高校生は健康志向だった? »

2004.04.27

転ばぬ先の救命講習

 以前救急隊員の独り言さんのところで消防署が一般市民に対して行う救急講習についての説明がありましたが、先日、町内の友人からメール。

 救急講習の案内がきました。消防署は10人集まればいつでも開催してくれるとのことです。町内・ポパイで奥様含めて10人は集まればオッケーです。  これから小さい子供たちが水に入る季節になります。転ばぬ先の杖ですので、ぜひご賛同をお願いします。(以下略)

 ちなみにポパイというのは町内の有志の会で、まあいわゆる青年団を目指しています。ただ、気持ちの上での青年団ですから実年齢は青年にほど遠いですけど(笑)。

 以前に数人で飲みながら救命講習を受けて見ようやという話になったのでした。早速動きはじめたようです。妻は結婚前に何度かやっているみたいですが、僕は始めて。ぜひみんなとスケジュールをあわせて受講してみよう。大人と子どもでは救急救命のやり方なども違うんでしょうか。

 実施はスケジュールの関係上少し先になりそうですが。

 ほんと転ばぬ先の杖です。無駄な知識に終わることが一番ですが、やっておけばと後悔したくないですね。

|

« サラリーマン川柳 | Main | 高校生は健康志向だった? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/500086

Listed below are links to weblogs that reference 転ばぬ先の救命講習:

» 年齢別の心肺蘇生法 [救急隊員の独り言]
「大学への基礎数学−雑記帳」のFumさんからトラックバックして頂きました。その内容に関して・・・ (こういう場合、トラックバックは元の私の記事にするものだろう... [Read More]

Tracked on 2004.04.27 at 03:07 PM

« サラリーマン川柳 | Main | 高校生は健康志向だった? »