« まじめな女の子と爆発力の男の子 | Main | ROBOTにできること »

2004.04.16

イラクの人質解放で思うこと

 イラクの人質解放、ひとまずホッとしました。この件に関しては語るべき意見がまとまっていませんし、そこまで詳しくはチェックできていません。

 ということで、今まではblogでもあえて取り上げませんでした。生徒からもいくつかの質問を受けましたが、同じ理由で何も話してはいません。

 ただ、今回の件で唯一考えたのは、これがもし自分の子どもだったらということ。親である以上、そして子どもはいつか自分の足で歩き出す以上、誰にとっても考えられる事態ではないでしょうか。

 そのとき僕は親としてどんな事を考え、実行するか。批判も多く見られた今回の事件ですが、ここで親として冷静な行動はおそらく僕にはとれない。おそらく国や周りのことなど何も考えられないでしょう。究極のエゴイズムですが自分の子どもの事だけしか考えられないと思います。そうではない人もいるかもしれませんが、少なくとも僕は冷静になれる自信はありません。

 いろいろな事で違和感を感じた今回の事件ですが、あまりにも多かった家族に対するパッシングにも大いに違和感を感じました。

 残りの2人もぜひとも無事で帰ってきてほしいと思います。

|

« まじめな女の子と爆発力の男の子 | Main | ROBOTにできること »

Comments

こんばんは。

少し前の記事ですが、読ませて頂いた時から共感していました。
トラックバックを付けさせて頂きました。

色んな思いはありますが、皆さん無事で良かったです。

Posted by: | 2004.04.20 at 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/447027

Listed below are links to weblogs that reference イラクの人質解放で思うこと:

» イラクの人質問題とボランティア [徹也]
自分はテレビを全くと言っていいほど見ない。 従って、今回の元人質の3人の家族の言 [Read More]

Tracked on 2004.04.20 at 06:23 PM

« まじめな女の子と爆発力の男の子 | Main | ROBOTにできること »