« 数学の出前に続き先端科学の出前 | Main | えらくがんばる息子(3歳) »

2004.04.14

僕はA型なんだろうか。

 友人の話。彼(H君)の血液型はA型(だと本人は思っていた)。彼は几帳面な性格で常からB型の性格をバカにしていた。
 そんなH君に待望の女の子が生まれた。で、子どもの血液型はB型。彼の奥さんもA型だったので考えられる可能性はそう多くはない。奥さんの血液型はA型で間違いなかったのでH君の母親に電話して確認するとH君もA型で間違いないという。

 おそらく家の中は騒動がおきる寸前だったと思うが、そこは賢明な彼の奥さん。もう一度、彼の母親に電話して彼の血液型がA型であることは調べたのかと聞くと、彼の母親の答は「私がA型であの子は私と同じ性格だからA型で間違いないわ」。

 調べてみるとH君の血液型はやはりB型(笑)。生まれて30数年間自分をA型だと信じ、B型をバカにして生きてきた彼。家庭内騒動は避けられたが、彼の落ち込みは察して余りあるものがあった。

 何でこんなことを書いたかというと、僕の息子(3歳)の血液型を今まで知らなかった。普通は生まれたときに調べるのだけれど、早産で生まれてすぐ小児ICUにはいっていたこともあり、僕も妻も血液型を聞いてなかったのだ。そのうち聞けばいいやと思っているうちに幼稚園入園となり、幼稚園に血液型を提出しなければいけなくなった。あわてて問い合わせたけど、大学病院に来てもう一度検査してもらわないととのこと。

 それは面倒くさいので、近所の病院で調べてもらった。その結果がでるのが明日。実は僕もA型で妻もA型。で、僕は調べてもらったことがあるのかというと自信はない。ただ自分はA型だと信じて生きてきた。おそらく調べたんだと思うけど・・・。息子がB型やAB型だったらどうしよう(笑)。

|

« 数学の出前に続き先端科学の出前 | Main | えらくがんばる息子(3歳) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/441681

Listed below are links to weblogs that reference 僕はA型なんだろうか。:

« 数学の出前に続き先端科学の出前 | Main | えらくがんばる息子(3歳) »