« 同志社の格付けAA+ | Main | 公園の遊具撤去 その後 »

2004.04.09

チンパンジー「アイ」の子「アユム」

Yahoo! NEWS より「アユムが本格学習始める 「天才」チンパンジーの子

京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)の雌のチンパンジー「アイ」(27歳)の子で雄の「アユム」(3歳11カ月)が4月から、母親に続き本格的な学習を始めた。人間なら6歳程度で、“小学校入学”気分で新スタートを切った。

 天才チンパンジー「アイ」の話は一時期ずいぶんとメディアをにぎわせたが、とうとうその子も本格的な学習デビューらしい。非常に人間に近い動物だけに、「アユム」も相当高い学習能力を示すんだろうと思う。

 わずか生後10カ月で、アイに寄り添いながら、色を識別する課題で正解したこともあり、今後、親子間での知識伝達の研究が注目される。

 親子間での知識伝達の研究が進めば、人類の進化の研究にも多大な寄与となる。少しずつだけど、こんな研究が進んでいるのを耳にするのは楽しい。

 でも、霊長類研究所って愛知県にあったんだ。知らなかった。

|

« 同志社の格付けAA+ | Main | 公園の遊具撤去 その後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/417019

Listed below are links to weblogs that reference チンパンジー「アイ」の子「アユム」:

« 同志社の格付けAA+ | Main | 公園の遊具撤去 その後 »