« 同志社小学校 | Main | 京都の桜もそろそろ »

2004.03.27

回転扉にはさまれ死亡

 同情を禁じ得ません。悔やんでも悔やみきれない思いでしょう。

 しかし、最近の町の中を歩いていると子どもにとって危険なことが多すぎます。うちの妻もしょっちゅうヒステリックになっています。うちには4歳の娘と3歳の息子がいます。どこかに行くときにはたいてい2人をセットでつれていくことになりますが、どちらもそろそろ勝手な行動を取り始める時期ですのでとても怖い思いをします。

 回転扉など見たことがない子どもにしたら、飛び込んでいきたくなる気持ちもわかりますし、そこで危ないと叫んでも簡単には止まってはくれません。一度怖い思いをすれば、本人から気をつけるようになるのですが。

 危険なことは危険だと教えていますが、危険なことが少し多すぎます。大人の視点では暮らしがどんどん便利になっていきますが、子どもの視点ではそれだけ危険が増えているような・・・。

 でも、日頃の生活で、あれもダメこれもダメとばかり言っているわけにはいかないし、ある程度危険を承知で本人たちに分からせる意味でもほっておくことがありますが。

 でもその結果がこれでは・・・。

 親は気が休まる暇がありません。

|

« 同志社小学校 | Main | 京都の桜もそろそろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/360517

Listed below are links to weblogs that reference 回転扉にはさまれ死亡:

« 同志社小学校 | Main | 京都の桜もそろそろ »